beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「マリノスの代表として恥ずかしいプレーは見せられない」 世界に挑む遠藤渓太の覚悟

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-20日本代表MF遠藤渓太

[5.15 国際親善試合 U-20日本代表3-2U-20ホンジュラス代表 エコパ]

 ドリブルだけじゃない。新たな武器を手にしようとしている。後半16分にピッチへと送り込まれたU-20日本代表MF遠藤渓太(横浜FM)は、わずか2分後に得点を導く大仕事をやってのけた。

 CKを得るとコーナーフラッグに遠藤が向かう。右足から蹴り出したボールは、飛び込んだDF板倉滉(川崎F)の元へと届き、豪快なヘディングシュートで追加点が生まれた。「今日は1本目で良いところに蹴れたなと思ったし、滉くんが決めてくれたので良い流れで入れた。その後のCKも良いフィーリングで蹴れた」と胸を張った。

 所属する横浜FMではプレースキッカーを務めていないものの、U-20代表ではキッカーに任命され、4月18日の千葉との練習試合では「初めて」と語る直接FK弾を叩き込んだ。「まだ付け焼き刃だけど、代表期間ではしっかり練習をさせてもらっている。練習した人にしか蹴る権利はないので、これを武器にするためにもっと努力したいし、チャンスがあればドンドン狙っていきたい」。さらに自信を深めるために、プレースキックの精度を向上させようとしている。

 合宿に入ってからも好調を維持しており、持ち味のドリブルで守備網を切り裂く場面も見せた。「良いイメージでやれているし、自信はすごくある」。そう力強く語れるのも、覚悟を持ってチームに合流したからだ。

「チームの皆やいろいろな方に『頑張ってこい』と送り出してもらった。マリノスの代表として恥ずかしくないプレーをしないといけないし、不甲斐ないプレーは見せられないという自覚がある。責任感を感じながら毎日やれているのが大きい」。支えてくれる人たちの期待に応えるためにも、最高の準備をして世界に挑む。

(取材・文 折戸岳彦)
●U-20W杯韓国2017特集ページ


TOP