beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レスター岡崎慎司、前半のみの出場で厳しい評価…英紙「最後まで試合に入れず」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW岡崎慎司は前半のみで交代した

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司に厳しい評価が下されている。

 レスターは18日、プレミアリーグ第34節延期分でトッテナムと対戦し、1-6で大敗を喫した。岡崎は4試合連続の先発出場を飾ったが、見せ場なく前半のみで交代している。

 地元紙『レスター・マーキュリー』は、岡崎にチーム単独最低点となる「4」の採点。寸評では「チームは常に(ジェイミー)バーディーを探していたため、最後まで試合に入れなかった」と記されている。また、イギリス紙『デイリー・メール』でも、「5」と厳しい評価となった。

 前節はマンチェスター・シティ相手に鮮烈なボレーシュートでゴールを挙げた岡崎。しかし、今節はチーム全体でチャンスの数がほとんどなく、岡崎もそれに伴いパフォーマンスが低下した格好だ。シーズンも残すところあと1試合。良い形で終えることはできるだろうか。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP