beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUの本命はドンナルンマではなくアトレティコGKか

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドが関心を強めているというGKヤン・オブラク

 マンチェスター・ユナイテッドが、アトレティコ・マドリーの守護神・ヤン・オブラクに関心を高めていると報じられている。『ESPN』が伝えた。レアル・マドリーへの移籍が有力視されるGKダビド・デ・ヘアの後釜として獲得に乗り出す方針だ。

 ジョゼ・モウリーニョ監督はデ・ヘアの去就について、「当然、残る」と発言。今季が終了しても7月15日に行われるプレシーズンマッチのLAギャラクシー戦にはゴールマウスを守っていると話した。

 しかしこの発言でも、デ・ヘアの去就を巡る憶測を抑えることは出来ていない。先日にはミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマの獲得を巡って“マンチェスター・ダービー”が勃発する可能性があると伝えられたが、『ESPN』はマンUの本命はオブラクだとみている。オブラクには1億ユーロ(約124億円)の契約解除料が必要になるとみられるが、デ・ヘアの移籍金で相殺できると考えているようだ。

●プレミアリーグ2016-17特集


TOP