beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

杉本健勇、ダメ押しゴールで今季6得点目も「今のままじゃ全然ダメ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季6得点目を挙げたFW杉本健勇

[5.20 J1第12節 大宮0-3C大阪 NACK]

 セレッソ大阪のFW杉本健勇が2試合連続ゴール。今季6得点目を挙げ、得点ランキング2位タイに浮上した。

 スコアレスで前半を折り返すと、得意のセットプレーから2得点。MFソウザのCKから後半18分にMF清武弘嗣、同31分にMF山村和也がゴールを決めた。「セットプレーで2得点とれるのは間違いなく大きい。試合を優位に進められたし、自分の得点も生まれた」。

 2-0で迎えた後半41分、FW柿谷曜一朗のパスを受けたMF関口訓充が右サイド深い位置から折り返すと、PA内に抜け出した杉本が迷わず右足を振り抜き、ダメ押しゴールを叩き込んだ。

 前半から相手ゴールを脅かし、両チーム最多となる4本のシュートを放った。絶好のチャンスもシュート精度を欠き、「今日は2点、3点取れるチャンスがあった。外してしまっていたので、一点を取れたというよりもっと取れたという悔しさの方が大きい」と唇を噛んだ。

「毎回、勝っても悔しさが残ることが多い。満足せずにもっともっと上を目指していきたい」。バヒド・ハリルホジッチ監督が視察に訪れた一戦でアピールに成功したが、「点は取れたけどそれ以外の部分はまだまだ成長しないといけない。今のままじゃ全然ダメです」と満足しなかった。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第12節2日目 スコア速報


TOP