beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]ユース取材ライター陣が推薦する総体予選注目の11傑vol.2

このエントリーをはてなブックマークに追加

久留米氏が推薦するDF田中純平(長崎総合科学大附高)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは熱戦展開中の平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技都道府県予選の注目選手を大特集。「総体予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体予選注目の11選手を紹介してもらいます。

 第2回はユース取材陣以上と言えるほど現場観戦を続けている方に再び登場頂いた。幼稚園児から大人まで年間数百試合を全国各地で観戦し、様々な知見を蓄えている「観戦王」であり、サガン鳥栖のサポーターとして知られる久留米次郎氏( @sagankurume )に総体予選注目の11傑を選んでもらった。

久留米次郎氏「今回は代表歴のある選手や誰もが知っている有名選手は避け、知る人ぞ知る隠れた逸材にスポットを当ててみた。前線は全員が突破力抜群、DFとボランチは全員がロングキック蹴れる選手。日本サッカーの課題と言われて久しい、個で勝負できる選手を選んでみた」

以下、久留米氏推薦の11名
GK泉森涼太(鹿児島城西高)
「180㎝とGKにしては上背はさほどないが、クロスやCKに対する防空能力が高いGK。ボール落下点の見極めが早く、キャッチできるボールはしっかりとマイボールにし、危険なボールはパンチングで大きくはじき出す。至近距離のシュートに対する反応も早く、ニアサイドには特に強みを発揮する」

DF田中純平(長崎総合科学大附高)
「長崎総附のDFラインをまとめ上げる守備の要。中背で細身ながらも競り合いに強く、寄せるスピードは抜群。奪ったボールを前線に蹴りこむロングキックの精度の高さも特筆に値する」

DF小林陸玖(東海大高輪台高)
「2年の夏は攻撃的な右SBとしてクロス精度の高さを武器に激選区東京を勝ち抜きインハイ本大会に出場。3年になった今年はヘディングの強さを買われてボランチやCBが主戦場になった。彼の縦パスから高輪台の攻撃のスイッチが入る」

DF櫻井風我(日大藤沢高)
「右サイドからピンポイントで味方のFWに合わせるキックを狙い続けるクロス職人。右足から放たれるボールは美しい曲線を描いて相手ゴールを急襲する。キックの質も高ければ攻め上がりの量も十分、さらに切り返しての左足クロスも正確なので手に負えない」

DF金子雄大(桐生一高)
「テクニシャンタイプの左SBだがキープ力もありMFもこなす。ボールが吸い付くようなドリブル突破は1対1ではまず止められない。上背はないが中に絞ってのカバーリングも得意で相手の決定機を阻止」

DF山内稔之(実践学園高)
「思い切りよくプレーをやり切る『実践らしさ』を体現する左利きの左SB。攻撃では縦に突進しての左足クロスや逆サイドへのサイドチェンジを積極的に狙い、守備面では前に出てのパスカットを見せる」

MF平川孟人(市立船橋高)
「守備能力の高さとゲームを組み立てる力を兼備するボランチ。守備時はヘディングの強さと巧みなカバーリングで防波堤となり、攻撃時はCBの間に落ちてボールを受け長短のパスを散らしていく。地味なプレースタイルだがチームへの貢献度は高い」

MF佐々木大貴(帝京高)
「名門帝京の10番を背負う異能のドリブラー。キレのある切り返しを連発して相手の逆を取るドリブル突破は痛快。やりすぎてボールを失うことも多いが、ゲームの流れを変える一発を常に狙う怖さがある。至近距離でガツッと当たってのボール奪取も意外と上手い」

FW橋口凜樹(鹿島学園高)
「2年生だった昨年はスピードを生かしたサイド突破からアシストを量産していたが、最上級生になった今年は自らゴールを狙うようになり脅威が増した。163㎝だが馬力のあるドリブルはなかなか止まらない。左右両足から相手の意表を突くパスも出せて前線からの守備も怠らない万能型FW」

FW一瀬峻介(湘南工科大附高)
「とにかく相手DFの裏、裏、裏を狙い続ける典型的ストライカー。抜け出しのタイミングも上手いし、素走りのスピードも速い。体幹が強いので併走するDFに当たられても動じることなく強いシュートを放てる」

FW久住玲以(日本文理高)
「高いテクニックと突飛な発想で相手DFを翻弄するファンタジスタ系FW。ゴールを背にしてボール受けても反転から巧みにマークを外してフィニッシュに行ける。ボールの落ち際を叩くボレーが得意で、GKの位置を見て遠いところからでもゴール狙うなど右足の精度には自信あり」


●【特設】高校総体2017


TOP