beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]復帰のFW旗手が逆転弾!順大が日体大下し4戦ぶり勝利、首位・流大と勝ち点並ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

復帰戦で逆転弾を決めた順大FW旗手

[5.28 関東大学1部L第7節 日本体育大1-2順天堂大 味フィ西]

 第91回関東大学1部リーグ第7節の2日目が28日に行われ、味の素フィールド西が丘の第1試合では順天堂大日本体育大が対戦。日体大がセットプレーから先制も、順大がMF米田隼也(4年=静岡学園高)と負傷から復帰したFW旗手怜央(2年=静岡学園高)のゴールで逆転に成功。2-1の勝利で4戦ぶりの勝ち点3を獲得した。日体大は今季初の連勝はならず、10位のままとなっている。

 3戦連続ドローながらも開幕無敗(3勝3分)を維持して、第6節終了時点で2位につけている順天堂大。この日は左太腿肉離れで離脱していたFW旗手怜央(2年=静岡学園高)が開幕戦以来、6戦ぶりにメンバー入りを果たし、ベンチスタート。FW浮田健誠(2年=柏U-18)とルーキーFW大谷京平(1年=柏U-18)が2トップを組んだ。

 対する日体大は前節・慶應義塾大戦(2-0)で今季初の完封勝利を手にしたものの、10位と低迷。この日の順大戦で勝利すれば、一気に6位浮上もあるだけに勝ち点3を手にしたいところ。GK山田晃平(3年=鹿島ユース)が2戦連続でゴールマウスを守った。

 前半は静かな45分となった。順大の堀池巧監督が「全然(ビルドアップが)上手くいっていない。トップとの距離感も上手くいっていない。2トップは横並びになってしまった。スペースがあったのだから、ボランチとCBのところに入って、立っていればいい。コーチングしたけどダメだから、前半はしょうがないなと、失点しなければもういいと。後半の頭で修整しようと見ていました」と振り返ったように、順大はビルドアップでのミスが続き、シュートが打てない。

 前半18分にはPA右でMF名古新太郎(3年=静岡学園高)のパスを大谷がスルー。受けたMF杉田真彦(4年=静岡西高)がPA左へ流れるが、シュートでは終われなかった。その後も細かなミスを頻発しては迫力ある攻撃は見せられずに時間は過ぎる。

 対する日体大は堅実にボールをつないでゴールへ迫るが、効果的にサイドを使えず単調な攻撃に終わる。中央から持ち込んだMF関戸裕希(3年=前橋育英高)のシュートはGK佐藤久弥(1年=東京Vユース)の正面。前半21分にはDF福田圭佑(4年=横浜FMユース)が前線のFW平川元樹(3年=札幌U-18)へロングボールを入れたが、DF村松航太(2年=清水ユース)にカットされた。直後には中盤で奪ってのカウンター。DF原田亘(3年=星稜高)が遠目のミドルを放つが枠を外れた。0-0で前半を終える。

 迎えた後半は一気に試合が動いた。ハーフタイムに順大は浮田に代わり、FW松島奨真(4年=桐生一高)を入れる。開始4分には松島がPA右で決定機を迎え、右CKを獲得。名古のボールにファーサイドの杉田が頭で合わせたがわずかに枠を外れる。同7分、名古の右クロスからニアへ飛び込んだ大谷がPA内右で倒されてPKを獲得。しかし、MF室伏航(4年=市立船橋高)のシュートはGK山田に弾かれた。

 PK献上も守護神の活躍でピンチを凌いだ日体大は、直後にワンチャンスを決める。後半11分、関戸の左CKに飛び込んだのは平川。力強く叩き込み、1-0と先制に成功した。日本体育大がセットプレーでリードを奪う。直後に関戸に代わり、FW山下諒也(2年=磐田U-18)を入れた。

 PK失敗直後に失点と嫌なムード漂う順大。後半12分に大谷に代わり、旗手を投入しゴールを目指す。すると同17分、左サイドから一気に崩しにかかるとDF毛利駿也(4年=山梨学院高)の折り返しを室伏が持ち込み、ラストパスを受けた10番・MF米田隼也(4年=静岡学園高)が右足で流し込んだ。1-1と試合を振り出しに戻した。

 勢いづいた順大は同23分に逆転に成功。中央からのカウンター。杉田からのボールに抜けた松島が後方から迫り来るDFンドカ・ボニフェイス(4年=浦和東高)、正面に待ち構えるGK山田もかわして、中へ折り返す。詰めていた旗手が難なく右足で決めた。開幕戦以来6戦ぶりにピッチへ立った旗手の今季3点目で順大が2-1と勝ち越した。

 2点目を目指す日体大は後半32分に決定機。MF室崎雄斗(4年=武南高)の右CKから最後はボニフェイスが頭で押し込むも、ゴール目前に詰めていた室伏にクリアされる。直後にMF渡邊龍(3年=FC東京U-18)に代わって、MF中村綱太(4年=水戸商高)を入れる。対する順大も後半34分に最後のカードを切り、室伏に代えてMF望月陸(1年=清水ユース)を入れた。その後はスコアは動かずに試合は終了。順大が2-1の逆転勝利を飾った。

 試合後、順大の堀池監督は「今季は7試合中5試合が先制されている。そのなかで追いついて逆転したり、追いついて終わったり、勝負強さは今年のテーマでもあるので、勝負強くなっているとはいえると思います」とコメント。「試合前に選手たちには、厳しい5月の試合(2勝3分)だったけど、今日の試合をものにできれば、6月の4試合に勢いづいていくからと、今日の試合がすごく影響するよと話したので、結果が出てよかった」と手応えを口にした。

 開幕から4勝3分と無敗を維持している順大は、首位・流通経済大と並ぶ勝ち点15に伸ばして、2位をキープ。流大に得失点1差に迫った。ここから一気に首位浮上となるか。次節は最下位・桐蔭横浜大と戦う。

(取材・文 片岡涼)


TOP