beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]昇格組・東国大が3位浮上!安東&進の2戦連続弾、條の今季初得点で桐横大を突き放す

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京国際大が3位浮上を果たした

[6.18 関東大学1部L第10節 桐蔭横浜大1-3東京国際大 味フィ西]

 第91回関東大学1部リーグ第10節の2日目が18日に行われ、味の素フィールド西が丘の第1試合では東京国際大桐蔭横浜大に3-1で勝利した。3戦ぶりに勝ち点3を得た東京国際大は順位を2つ上げ、3位に到達。桐蔭横浜大の連勝は2でストップし、最下位のままとなっている。

 東京国際大はFW町田ブライト(3年=成立学園高)が1トップ気味に最前線で身体を張ると、FW進昂平(4年=浦和ユース)を始めとした攻撃陣が素早く動き、攻撃を活性化。すると前半15分、後方からのフィードを受けようとした町田がPA手前でファウルを受け、絶好の位置でFKを獲得する。

 キッカーは前節も得点を決めているMF安東輝(4年=浦和ユース)。「イメージ通り」と試合後に振り返る綺麗な弾道で壁を超えると、鋭くゴールに突き刺さり、2試合連続弾で今季4点目とした。

 先制を許した桐蔭横浜大は、ルーキーMF鳥海芳樹(1年=桐光学園高)が攻撃を仕掛けていく。前半28分、相手FKのこぼれ球を奪い一気にカウンター。FW石川大地(4年=水戸啓明高)とのワンツーで敵陣に進入し右サイドからクロスを上げるが、PA内中央に走るMF山下優人(3年=青森山田高)のタイミングには合わず、チャンスを生かせない。

 すると前半38分、東京国際大が追加点を決める。DF古川雅人(4年=佐賀東高)のパスをPA内で受けた進が、相手のプレスに倒されてPK獲得。そのままキッカーを務めると、冷静にゴール右に沈め、安東と同じく2試合連続得点の今季4点目で2-0にリードを広げた。

 流れが完全に東京国際大に傾きつつある中、前半42分、鳥海が個の力で打開する。桐蔭横浜大が攻め入り、PA内左で混戦になると、こぼれ球を拾った鳥海がドリブルで2人をかわして右足シュート。最後に石川が押し込み、桐蔭横浜大は1-2に点差を縮めて前半を終えた。

 東京国際大はリードを守るも、前半終了直前に失点してしまい、嫌なムードのまま後半に突入。しかし前田秀樹監督が「大きなポイントになった」と振り返る後半11分、再びスコアが動く。

 中盤の右サイドでMF川上翔平(4年=FC東京U-18)がボールを持ち、中盤左の安東へ大きくサイドチェンジ。そのまま相手守備を抜いてPA内左の深い位置からクロスを上げ、ファーサイドに詰めたMF條洋介(4年=浦和ユース)が頭で合わせ、3-1に点差を広げた。

 東京国際大は両サイドからの攻撃に対し、後半から対策を立て、相手にボールを持たせないよう守備を展開していく。効果はしっかりと現れ、桐蔭横浜大の攻撃は沈黙。後半のシュート数は2本と封じられてしまい、そのままスコアは動かず試合終了となった。

 昨季2部優勝で昇格を果たした東京国際大は今季5勝目。今節で上位につける流通経済大と東洋大が揃って取りこぼしたこともあり、5位から3位に浮上した。次節は勝ち点6差の首位・筑波大との一戦を迎える。ひとつでも差を縮めて、前期リーグを締めたいところ。

 1ゴール1アシストを記録した安東は「あと1週間みんなでしっかり良い準備をして戦って、良い順位のまま前期を折り返したい」と喜びもつかの間、前期最後の大一番に向けて気持ちを切り替えていた。

(取材・文 石川祐介)
●第91回関東大学1部L特集


TOP