beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「特別な日に…」2年連続悪夢のバースデー、浦和GK西川はミス絡みで4失点

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合後、険しい表情を見せるGK西川周作

[6.18 J1第15節 浦和2-4磐田 埼玉]

 悪夢のバースデーとなった。この日、31歳の誕生日を迎えた浦和レッズGK西川周作は自身のミスも絡んで今季ワーストの4失点。ドーピング検査を終え、チームメイトよりも遅れてミックスゾーンに姿を見せた守護神は「悔しい結果。自分で防げた失点が多くあった試合になってしまった」と唇をかんだ。

 前半36分、磐田は左後方の位置でFKを獲得。MF宮崎智彦が左足で放り込んだキックに西川が飛び出したが、ボールに触ることができず、FW川又堅碁が競り勝ってゴール前に落としたボールをDF大井健太郎がヘディングで押し込んだ。

「出るなら出る、出ないなら出ない。行ったなら触ることも大事だった」。西川のミスで先制を許したが、前半43分、後半11分とMF阿部勇樹の2ゴールで一時は2-1と逆転する。ところが、後半23分、CKのチャンスが一転してカウンターのピンチとなり、川又のロングフィードにMFアダイウトンが反応。これに西川がゴールを空けてPA外まで飛び出したが、クリアし切れず、アダイウトンが無人のゴールに流し込んだ。

「川又選手からスルーパスが出たとき、止まってしまって、また出る感じになった。出された瞬間、そのまま出ていれば余裕のあるクリアができたと思う」。後半29分にはニアサイドを破られ、2-3と再逆転を許す。同35分にも1対1を決められ、万事休す。「この4失点を受け止めて、次に生かせるように今日の試合を大事にしていきたい」と言葉を絞り出した。

 ちょうど1年前、アウェーで広島と対戦した30歳のバースデーゲームも同じ2-4というスコアで敗れた。2年連続で見舞われた誕生日の悲劇。「特別な日に4失点して、自分も失点に絡んでいるのは悔しいけど、ここから這い上がっていく姿を必ず見せたい」。1年前は4失点惨敗のあと、5連勝で文字どおり巻き返した。「自分ならまだまだできると思って、チャンスだと思って戦っていきたい」。屈辱をバネに、2年連続の“反攻”を誓った。

(取材・文 西山紘平)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第15節2日目 スコア速報



TOP