beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川真司、 “韓国のメッシ”が同僚に?ドルトムントがイ・スンウに興味か

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-20W杯で活躍したU-20韓国代表FWイ・スンウ

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントバルセロナ下部組織の“韓国のメッシ”ことU-20韓国代表FWイ・スンウ(19)の獲得を考えているのかもしれない。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

『ビルト』によると、ドルトムントのスカウトが先日まで韓国で開催されたFIFA U-20W杯でイ・スンウの調査のためにU-20韓国代表の試合を視察。ギニア戦で1ゴール1アシスト、アルゼンチン戦でも1ゴールを記録した同選手は力強い印象を残したという。

 なお同紙はイ・スンウは2011年にバルセロナのアカデミーに加わり、2016-17ではUEFAユース・リーグで2ゴール2アシストをマークしたことも紹介。バルセロナのトップチームへの昇格は難しいと指摘しつつ、マンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティも注目する存在だと伝えている。

 だが、来月に日本で浦和レッズ(7月15日)と、中国ではミラン(同18日)と対戦するドルトムントだが、『ビルト』曰くそのメンバーに「韓国のスーパータレントも加わることになるかもしれない」とのこと。欧州クラブが注目する逸材たちを積極的に確保してきたドルトムントは、実際にイ・スンウも加えようとするのだろうか。


●欧州移籍情報2017-18
●ブンデスリーガ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP