beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

選手権準Vメンバーをも脅かす下からの突き上げ。「前育の特長」選手層の厚さ示した前橋育英が群馬制覇!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英高が群馬制覇

[6.18全国高校総体群馬県予選決勝 前橋育英高 2-0 前橋高 正田スタ]

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(7月開幕、宮城)への出場権を懸けた群馬県予選決勝が18日に正田醤油スタジアムで開催され、1月の全国高校選手権準優勝校・前橋育英高が前橋高に2-0で勝利。3年ぶり14回目となる全国総体出場を決めた。

 前橋育英はCB松田陸(3年)がU-18日本代表のポルトガル遠征中のために不在。加えて、前日の準決勝で負傷したMF田部井悠(3年)が先発から外れていた。それでもチャンスを得た選手たちが活躍。層の厚さを見せつけて全国切符を獲得した。

 前橋育英は開始1分に山田耕介監督が「右のスペシャリスト」と評するMF近藤友喜(2年)が独力で右サイドを突破して決定的なラストパス。これはMF塩澤隼人(3年)のシュートが枠を外れてしまったが11分、近藤が巧みな個人技でDFの背中を取ると、エンドラン際まで切れ込んでからのラストパスをFW榎本樹(2年)が右足で合わせて先制点を奪った。

 前橋育英は17分にもMF田部井涼主将(3年)のラストパスから近藤が左ポスト直撃の右足シュート。23分には右クロスのこぼれを拾った日本高校選抜FW飯島陸(3年)の左足シュートが再びポストを叩いた。技術力高い個々がボールを正確に動かし、質の高いコンビネーションや個の突破によって中央、サイドからチャンスを量産。また日本高校選抜左SB渡邊泰基(3年)のロングスローなどセットプレーも交えて前橋に圧力をかけた。

 一方、群馬県内随一の進学校である前橋は集大成となる夏の決勝で意地を見せる。引いて守るのではなく、積極的なアプローチ、チャレンジ&カバーを徹底して対抗。押し込まれる時間の続く展開となっていたが、CB吉野尊氏やCB小此木政人(ともに3年)らが決定的なシーンになる前にクリアし、前半39分には前橋育英FW飯島のシュートをGK田中清玄(3年)がビッグセーブで阻止するなど食らいついた。

 また、攻撃面で繋ぐ意志を見せる前橋は中盤で良くボールを収めていた10番MF長部隆世主将(3年)が起点となって反撃。FW竹田直希やFW中嶋亮太(ともに3年)のスピードを活かして1チャンスをモノにしようとする。だが、山田監督が「連動性、トランジッション、デュエルの3つを徹底している」という前橋育英は前線からの切り替え速く、球際厳しい守備によって相手に攻撃機会を作らせず、網から漏れたボールもCB角田涼太朗(3年)が奪い取るなどチャンスらしいチャンスを作らせない。

 逆に交代出場FW高橋尚紀(2年)がインターセプトからクロスバー直撃の右足シュートを打ち込むなど前橋ゴールに迫る前橋育英は23分、右SB後藤田亘輝(3年)がPAへ入れたパスを榎本が落とし、最後は塩澤が右足で決めて2-0と突き放した。

 前橋は最後まで好守で会場を沸かせていたが、攻撃面ではシュート2本に封じられて無得点。前橋育英が快勝した。前橋育英は飯島や渡邊、角田、後藤田といった選手権準Vメンバーの多くを残す注目チーム。加えて、今年先発に定着してきた3年生、そして山田監督も「悪くないでしょう」と説明する2年生たちの台頭もあってチームはさらに力を増してきている。

 サブ組中心の陣容で臨んだ今月上旬の関東大会でBグループ(2位トーナメント)を制し、この日も下級生の近藤や榎本が結果を残した。日常から競争は熾烈。中盤の柱である田部井涼は「選手の層というのは前育の特長だと思う。自分も本当にうかうかしていられない」と語り、普段のトレーニングから驚くようなプレーをする選手たちがいること、また今回のメンバー以外にも力のある選手がいることを説明していた。

 榎本が「3年生とかに自分たちが入っていかないとチームが活性化しない」と語るなど、チーム内には実力と野心を持った選手たちが大勢いる。その中で田部井涼は「きょうも(田部井)悠が怪我をしましたけれど、(出番を得た)近藤がいい縦突破をしていましたし、誰が出ても強いチームは本当に強いチームだと思うので、そのアベレージをもっともっと高くやっていけたらいいと思います。ここで終わりじゃないので、競争をもっと激しくして、スタメンが全員入れ替わってもいいくらいにやれるように。(全国大会までに)練習とかプリンスとかあるので刺激し合ってやっていきたいです」と語っていた。

 全国総体は1回戦から3回戦まで3連戦で、1日の休養日を挟んで準々決勝から決勝まで再び3連戦という過酷なトーナメントだ。山田監督も「(決勝まで行くためには)選手層が厚くないといけない」と語っていたが、目標の日本一を勝ち取るためには絶対に必要な戦力の厚み。フィニッシュの精度など課題を改善すると同時に、“上州の虎”前橋育英は「誰が出ても強いチーム」になって全国制覇に挑戦する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2017


TOP