beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドイツ代表レーブ監督、若手MFの偉大なキャリアを確信「ここ10年で一番の才能」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ

 ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督は、MFジョシュア・キミッヒがドイツサッカーの歴史に名を残す選手だと確信しているようだ。

 22歳の若手MFは2016年の5月にドイツ代表デビュー。以来、世界王者の無くてはならない一員となっており、本職は中盤ながら、右SBとしてフィリップ・ラームの後を継いでいる。

 レーブ監督は「私が10年以上選手たちを見てきた中で最高の才能を持つ」と絶賛している。

「彼はハングリーで、強い欲求を持つ。毎試合、毎回の練習から常にトップになろうとしている。彼は素晴らしいキャリアを歩むと思うよ」

 キミッヒはコンフェデレーションズ杯に招集されており、初戦のオーストラリア戦でも先発出場が予想されている。


●コンフェデレーションズ杯2017特集
●ブンデスリーガ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP