beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョ、モラタを獲得しなかった理由は…「レアルがどんな値段を付けようが自由」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル残留が濃厚となっているFWアルバロ・モラタ

 マンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタの獲得をあきらめた理由を明かしている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 今夏、モラタを獲得目標にしていたとされるユナイテッドだが、最終的にスペイン代表FWではなく、エバートンからルカクを引き入れた。

 レアルはユナイテッドに対して、モラタの移籍金として9000万ユーロを求めていたと報じられていたが、モウリーニョ監督はその額が膨大過ぎたとの見解を示している。

「我々の選手ではない人物について話すのは難しい。私はレアルの選手について話すべき人間ではないのだから。(モラタへの)興味は確かにあったし、公にもなっていた。合意に至らなかったのも論理的だよ。レアルは自クラブの選手に好きな値段を付けられるわけだからね」

 なおルカクの移籍金は、8500万ユーロであったと報じられている。

●欧州移籍情報2017-18
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP