beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアル、期待の20歳MFに“メッシ越え”の契約違約金を設定!その額は破格の645億円

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアルがダニ・セバージョスに破格の契約違約金を設定

 レアル・マドリーがU-21スペイン代表MFダニ・セバージョス(20)に破格の契約違約金を設定したようだ。

 ベティスの下部組織出身のセバージョスは、2014年にトップチームに昇格。独特なリズムのドリブル、絶妙なタイミングで鋭いパスを通すなど若くしてレギュラーの座をつかみ、6月に開催されたU-21欧州選手権では大会MVPに輝いた。この活躍にレアルのほか、宿敵バルセロナユベントスなどビッグクラブが興味を示していた。

 争奪戦を制したレアルは14日に移籍合意を発表。契約期間は6年となっている。スペイン『アス』によると、逸材MFの流出を防ぐために契約解除金を5億ユーロ(約645億円)に設定した模様。これは以前、『マルカ』が伝えたバルセロナのFWリオネル・メッシに設定されたとされる契約解除金3億ユーロ(約387億円)を上回る破格の金額だ。

 弱冠20歳にしてレアルの将来を期待されているセバージョス。20日に入団会見を行い、翌21日にはアメリカに渡ってチームと合流するが、そこでジネディーヌ・ジダン監督にアピールし、史上初のUEFAチャンピオンズリーグ連覇に導いた百戦錬磨の先輩たちからポジションを奪い取ることができるだろうか。期待の新星の活躍に注目が集まる。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●欧州移籍情報2017-18


TOP