beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

暑さの中で強さ際立つ…湘南が東京Vに走り勝ち首位キープ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.16 J2第23節 湘南2-0東京V BMWス]

 湘南ベルマーレがホームで東京ヴェルディに2-0で勝利した。湘南は勝ち点を47に伸ばして首位をキープ。東京Vは3戦連続の勝ちなしで順位をプレーオフ圏外の7位に落とした。

 暑さをものともしない、強い湘南が東京Vを圧倒した。先制点は後半17分、左CKをファーサイドでDFアンドレ・バイアが落とすと、FWジネイのキープから再びアンドレ・バイア。豪快にボレーシュートを突き刺して、ゲームを動かした。

 そして追加点は後半33分、FW山田直輝のアーリークロスをMF石川俊輝が落とすと、MF秋野央樹が左足で豪快弾を突き刺す。流れるようなパスワークから完全な崩しを見せて、東京Vの息の根を止めた。

 湘南はこれでリーグ戦7戦不敗。12日の天皇杯で磐田に大敗(●1-4)を喫したが、引きずることはなかった。チョウ・キジェ監督の第一声は、「最後まで足を止めないで戦ってくれた選手に感謝したい」。湘南らしさが出た試合に、「ただ走るだけじゃいけないが、数的優位を作るためには走らないといけない。それが10年、20年、30年経ってもサッカーには必要なことだと思う。よくやってくれた」と手ごたえを語っていた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ



TOP