beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

闘莉王がPK失敗も…FW大黒2発の京都が今季初の2連勝!! 町田の連勝は4でストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.29 J2第25節 町田0-2京都 町田]

 J2リーグは29日に第25節を開催し、町田市立陸上競技場では4連勝中のFC町田ゼルビア京都サンガF.C.が対戦。スコアレスで折り返した試合は、後半26分と同37分にFW大黒将志がゴールを陥れて京都が2-0の完封勝利。町田の連勝は4でストップした。

 スコアレスで試合が進む中、前半アディショナルタイムに京都がビッグチャンスを迎える。DF石櫃洋祐が蹴り出したFKに反応したDF高橋祐治がPA内でDF松本怜大のファウルを誘ってPKを獲得。しかし、キッカーを務めたDF田中マルクス闘莉王のシュートはGK高原寿康にストップされ、この瞬間に前半終了のホイッスルが吹かれており、闘莉王自身がこぼれ球を詰めたものの得点は認められなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、同26分に京都が先制に成功する。左サイドからDF本多勇喜が送ったクロスは高原に弾かれるが、こぼれ球に反応したMFハ・ソンミンがシュート。ボールは相手選手にブロックされたものの、こぼれ球をFW大黒将志がヘディングで押し込んでスコアを1-0とした。

 さらに後半37分にはFW岩崎悠人の鋭いクロスに対し、ファーサイドに走り込んだ大黒が「止めようと思ったけど、ワンタッチの方がGKが取りづらそうだった」と、右足ダイレクトで合わせてネットを揺らし、リードを2点差に広げる。その後、京都に追加点こそ生まれなかったものの、町田の反撃を許さずに2-0の完封勝利を収めた。

 この勝利で京都は今季初の2連勝。2得点の大黒は試合後のインタビューで、「チームの目標はJ1昇格なので、それを達成できるように皆で頑張っていきたいし、僕は出たときにゴールできるよう、チームの勝利に貢献できるように頑張りたい」と意気込みを示した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第25節1日目 スコア速報


TOP