beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英が鮮やか先制点!!小林幹がダメ押しPK!FC東京U-18が2連覇達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京U-18が2連覇達成

[8.2 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会・決勝 浦和ユース 0-2 FC東京U-18 味フィ西]

 第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の決勝が2日に味の素フィールド西が丘で行われ、前回王者のFC東京U-18(関東1)が浦和レッズユース(関東3)に2-0で勝利し、2連覇を飾った。FW久保建英が先制点を決め、10番のMF小林幹がPKで追加点。完封勝利で2年連続4度目の日本一に輝いた。20年ぶりの頂点を狙った浦和だが、あと一歩が届かなかった。

 FC東京は準決勝から先発メンバーを一人変更。同試合で右ひざを痛めたDF坂口祥尉がベンチ外となり、代わってMF杉山伶央が先発した。対する浦和は準決勝・山形ユース戦から先発2人を変更。DF大西翔也とMF佐藤陸人に代わり、DF北川龍馬とMF白土大貴が先発した。

 立ち上がりからFC東京がボールを保持し、試合の主導権を握る。しかし再三のチャンスを決めきることはできずに時間は過ぎた。開始2分、FW久保建英が正面からドリブルで持ち込み、白土に倒される。ここで得たFKをMF品田愛斗が直接狙うもポスト右へ外れた。同18分は細かいパスワークで浦和を翻弄。右サイドからFW原大智、久保とつなぎ、相手DFに当たっての浮いたボールをMF平川怜が頭で落とし、最後はPA左の杉山が切り返しから右足シュートも、GK河畑光に阻まれた。

 その後もFC東京はチャンスの連続。前半29分には左SBに入ったMF荒川滉貴が大きくサイドチェンジ。久保がPA内右へ抜け出たが相手二枚に挟まれてバランスを崩し、シュートは打てない。同33分には平川、原とつなぎ、最後はMF小林幹が狙うも枠外。同37分にはDF岡庭愁人から久保、再び小林が右足シュートを放ったがポスト右へ逸れた。後半43分には敵陣でボールカットした品田が原とのワンツーから右足シュートを打つも、相手守護神に弾かれる。こぼれに平川が詰めたが決め切れなかった。0-0で前半を終える。

 対する浦和は前半24分にようやくファーストシュート。FWシマブク・カズヨシのロングパスを受けたFW井澤春輝がPA右で胸トラップから右足で狙ったがわずかに枠外。同42分には再び井澤が決定機を迎えたが決められない。守備に時間を割かれるなか、DF橋岡大樹が身体を張り、多くのピンチを防いだ。

 迎えた後半、徐々に浦和も攻勢を強める。後半8分、DF荻原拓也の右CKからのゴール前混戦。相手10番が落としたボールを拾ったのは井澤。右足ダイレクトで豪快に狙ったがポスト左へ外れた。同19分には白土から受けたFW長倉幹樹がドリブルで右サイドを攻め上がり、左足で巻くようなシュートを打つも枠外。

 後半20分にはFC東京も鮮やかなパスワークで決定機。左サイドから平川が縦パスを入れ、久保がはたく。原がスルーし、PA内左へ走り込んでいた杉山のシュートはポスト左へ逸れた。直後の互いに最初の交代。浦和は白土に代え、佐藤。FC東京は杉山に代わり、MF横山塁を入れる。

 すると後半35分、ようやく試合が動く。中央でボールを拾い、久保から左サイドの荒川、PA内左の小林へつなぐ。相手を引き付けての横パスを受けた久保が迷いなく左足を一閃。二アのわずかな隙間を突いた一撃がゴールネットを揺らす。久保の今大会2点目が決まり、FC東京が先制に成功した。

 勢い乗るFC東京は直後の後半38分には追加点。左サイドから仕掛けた小林の折り返しがDF橋岡の左手に当たり、PKを獲得。背番号10を背負う小林が難なく決め、2-0に突き放した。後半43分には小林に代わり、MF小林真鷹を投入する。試合はそのまま終了。FC東京U-18が2-0で勝利し、2年連続の日本一に輝いた。

(取材・文 片岡涼)
●第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ


TOP