beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]公式戦の連勝が22でストップ、ベスト8で涙をのんだ履正社(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.5 全国高校選手権準々決勝 履正社高 0-1 星稜高 駒場]

 第93回全国高校サッカー選手権の準々決勝が5日に各地で行われ、浦和駒場スタジアムの第1試合で、履正社高(大阪)と星稜高(石川)が対戦した。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半10分に星稜が先制。その後はスコアは動かず、星稜が1-0の完封勝利を収めて3年連続でのベスト4進出を決めた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
写真を見る
photo-news
2試合連続ゴールを狙ったFW林大地(2年)
photo-news
2年連続でベスト8のピッチに立った
photo-news
試合前に応援団に勝利を誓う
photo-news
好反応でゴールを守ったGK安川魁(3年)
photo-news
チームをけん引したキャプテンのDF小川明(3年)
photo-news
チームメイトに指示を出すDF長尾悠平(3年)
photo-news
体を張った守備を見せたDF安田拡斗(2年)
photo-news
右サイドでアップダウンを続けたDF大迫暁(2年)
photo-news
積極的に前線に飛び出したMF小川達也(2年)
photo-news
高精度のパスで攻撃を操ったMF多田将希(3年)
photo-news
前線にパスを送るMF田中駿汰(2年)
photo-news
最前線で存在感を放ったFW瀧本高志(3年)
photo-news
チーム最多の3本のシュートを放ったFW牧野寛太(2年)
photo-news
右サイドからチャンスを作ったFW林大地(2年)
photo-news
後半20分に同時投入されるMF角野光志朗(3年=7番)とMF田上翔太(3年=11番)
photo-news
MF角野光志朗(3年)は左サイドでプレー
photo-news
右サイドに入り攻撃を活性化させたMF田上翔太(3年)
photo-news
ボールキープするMF川畑隼人(2年)
photo-news
好機を生み出そうとするFW菅原大空(2年)
photo-news
選手を見守る平野直樹監督


TOP