beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]東福岡撃破の静学、8強で散る(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.5 高校選手権準々決勝 日大藤沢2-1静岡学園 駒場]

 第93回全国高校サッカー選手権大会は5日、準々決勝を各地で行った。駒場陸上競技場の第2試合では、日大藤沢高(神奈川)が静岡学園高(静岡)を2-1で下し、初の4強へと駒を進めた。10日に行われる準決勝では、星稜高(石川)と対戦する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

【特設】高校選手権2014
写真を見る
photo-news
競り負けた静学
photo-news
声援を送り続けた緑の応援団
photo-news
3回戦では夏の王者東福岡を下していた静岡学園
photo-news
8強で大会を去ることになった
photo-news
この日の先発11人
photo-news
DF光澤和人(3年)は冷静な対応が光った
photo-news
DF石渡旭(3年)のカバーリングは的確だった
photo-news
DF加佐怜人(3年)と作り出す3バックは今大会屈指の守備力を誇っていた
photo-news
MF中澤史伝(3年)は途中出場してリズムを作っていた
photo-news
PL学園で全国制覇を経験した元高校球児を父に持つMF旗手怜央(2年)はセンスの良さを随所に見せていた
photo-news
FW本藤風太(3年)は後半31分に同点弾を決めた
photo-news
MF名古新太郎(3年)は10番らしい存在感だった
photo-news
FW加納澪(2年)は来年度の飛躍に期待
photo-news
MF大坪岳(3年)は後半ATからの出場となった
photo-news
FW薩川淳貴(2年)の突破も効果的だった
photo-news
1年生GK山ノ井拓己。この日は少しミスが目立ってしまった
photo-news
DF鹿沼直生。アンカーポジションで舵取り役を担った
photo-news
交代期を反省した川口修監督
photo-news
今大会初失点を喫して敗れた静学
photo-news
また来年、帰ってくることを期待したい


TOP