beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

タイトルに飢える浦和、FW李の延長V弾で死闘制し9年ぶり決勝へ(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.29 天皇杯準決勝 浦和1-0柏 味スタ]

 天皇杯準決勝が29日に味の素スタジアムで行われ、浦和レッズ柏レイソルが対戦。延長戦の末に浦和が1-0で勝利し、決勝進出を決めた。

●第95回天皇杯特設ページ
写真を見る
photo-news
延長戦までもつれる激闘を制し、9大会ぶりのファイナル進出を果たした浦和
photo-news
延長後半12分にFW李忠成(右から2番目)が決勝ゴールを奪取
photo-news
近年はあと一歩のところでタイトルを逃し続けている浦和
photo-news
前半39分にMF柏木陽介が負傷交代するアクシデントに見舞われたが、チーム全員で乗り切った
photo-news
危なげないセービングで無失点に抑えたGK西川周作
photo-news
難しいバウンドのバックパスも落ち着いて味方へつなぎ、攻撃面でも貢献
photo-news
MF阿部勇樹は後方から巧みにゲームメイク
photo-news
延長戦に入ってからは積極的にゴール前に顔を出し、相手守備の攻略を狙った
photo-news
タッチライン際まで開き、攻撃に幅を作ったMF宇賀神友弥
photo-news
柏木は交代するまで、左足のプレースキックやミドルレンジのパスで好機をもたらした
photo-news
FWズラタン(左)はフィジカルの強さと突破力を生かし、PA内外で相手の脅威に
photo-news
動き出しの良さが光ったMF武藤雄樹
photo-news
相手の視線がボールに向いた瞬間にマークを外し、フリーでクロスに合わせる場面が目立った
photo-news
ディフェンスリーダーとして守備陣を統率したDF那須大亮
photo-news
決勝点のシーンでは高い位置からうまく左にボールをはたき、ゴールの起点となった
photo-news
DF森脇良太は強気なポジション取りで積極的に攻撃参加
photo-news
MF柏木の負傷で緊急登板となったが、運動能力の高さを発揮し、中盤に変化をもたらしたMF青木拓矢
photo-news
延長戦の開始から投入されたFW興梠慎三は、一瞬の飛び出しで裏を取り、ゴールに迫った
photo-news
最後の最後に1点をもぎ取り、接戦を制した浦和
photo-news
9年ぶりの優勝に王手をかけた


TOP