beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]“夏の雪辱”ならず…市船は全国総体決勝に続き再びPK戦で東福岡に敗れる(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.3 全国高校選手権3回戦 東福岡高0-0(PK4-3)市立船橋高 フクアリ]

 第94回全国高校サッカー選手権の3回戦が3日に行われ、フクダ電子アリーナでは東福岡高(福岡)と市立船橋高(千葉)が対戦。PK戦の末に東福岡高が勝ち、準々決勝進出を果たした。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
写真を見る
photo-news
PK戦の末に敗退となった市立船橋高
photo-news
PK戦で東福岡高に敗れた夏の全国総体決勝戦のリベンジを目指して臨んだ一戦
photo-news
事実上決勝戦と言ってもいいハイレベルな攻防を繰り広げた
photo-news
プロ級の右足プレースキックでゴールを脅かしたMF工藤友暉(3年)
photo-news
DFの隙間を通すパスでも好機を演出
photo-news
相手にとって危険な存在となっていた
photo-news
攻撃のスイッチとなる縦パスや自ら攻め上がる積極プレーを見せたDF杉岡大暉(2年)
photo-news
攻守にわたってフィジカルコンタクトの強さを発揮
photo-news
DF白井達也(3年)は後半11分にMF椎橋が交代すると、キャプテンマークを受け取った
photo-news
果敢なスライディングで相手の攻撃を防いだ
photo-news
守備時は中央へ絞り、攻撃に移ると右サイドに張り出してピッチをワイドに使ったFW高宇洋(2年)(左)
photo-news
MF金子大毅(2年)は周囲の状況を的確にとらえ、ゲームをコントロール
photo-news
走力を生かし、機転の利いたカバーリングでピンチを阻止したDF古屋誠志郎(3年)(左)
photo-news
逆サイドから流れてくるクロスへの準備も怠らず、こぼれ球に走り込んでシュート
photo-news
MF原輝綺(2年)は相手のロングボールを確実に跳ね返した
photo-news
DFの目測を誤らせる鋭いクロスを上げたMF押尾大貴(3年)
photo-news
相手のバックラインと駆け引きし、絶えずゴールを目指したFW矢村健(3年)(左)
photo-news
飛び出してくるGKも恐れず、勇敢にクロスやロングボールに合わせた
photo-news
MF西羽拓(2年)は右サイドでDFをかわして鋭いクロスを供給
photo-news
市立船橋高は悔しい3回戦敗退となった


TOP