beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]優勝への関門突破! 東福岡が全国総体決勝の再戦制し8強へ(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.3 全国高校選手権3回戦 東福岡高0-0(PK4-3)市立船橋高 フクアリ]

 第94回全国高校サッカー選手権の3回戦が3日に行われ、フクダ電子アリーナでは東福岡高(福岡)と市立船橋高(千葉)が対戦。PK戦の末に東福岡高が勝ち、準々決勝進出を果たした。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
写真を見る
photo-news
GK脇野敦至(3年)(左から2番目)の活躍でPK戦を制し、再び市立船橋高を退けた東福岡高
photo-news
夏の全国高校総体決勝でも対戦した市立船橋高といきなり3回戦で激突
photo-news
東福岡高はPK戦でも団結力を見せた
photo-news
組織的な守備で市立船橋高の攻撃を完封
photo-news
FKから高速クロスでゴールを脅かしたMF三宅海斗(3年)
photo-news
DF林雄都(3年)は右サイドを駆け上がってゴール前に良いボールを入れた
photo-news
優れた判断力で守備のバランスを維持したDF福地聡太(3年)
photo-news
相手の突破を防いだDF小田逸稀(2年)
photo-news
DF児玉慎太郎(2年)(中央手前)は素早いカバーでチームを救った
photo-news
MF鍬先祐弥(2年)は中盤の底から広角にロングパスを送り、攻撃をクリエイト
photo-news
積極的にゴール前のクロスに飛び込んだMF橋本和征(3年)
photo-news
MF高江麗央(2年)(左)は単独で切れ込み、局面を打開
photo-news
相手のミスを逃さずに高い位置でボールを奪い、シュートシーンにつなげたFW餅山大輝(3年)(右)
photo-news
苦しい時間帯も足を止めずにボールを追った
photo-news
後半16分に登場し、スペースへの動きやワンタッチパスで攻撃のリズムを作ったMF藤川虎太朗(2年)
photo-news
東福岡高は市立船橋高の魂も受け継ぎ、5日の準々決勝に挑む


TOP