beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]仲間に託された“もう1つのキャプテンマーク”…市船GK寺尾の気迫が会場の空気変える(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.3 全国高校選手権3回戦 東福岡高0-0(PK4-3)市立船橋高 フクアリ]

 第94回全国高校サッカー選手権の3回戦が3日に行われ、フクダ電子アリーナでは東福岡高(福岡)と市立船橋高(千葉)が対戦。PK戦の末に東福岡高が勝ち、準々決勝進出を果たした。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
写真を見る
photo-news
決められたら敗退決定となる東福岡高5人目のシュートを止めたGK寺尾凌(3年)
photo-news
PK戦が始まる前に、MF椎橋からBチームのキャプテンマークを袖の内側に巻かれ、仲間の思いを背負って臨んだ
photo-news
味方がPKを蹴る時は祈るように、そして自らの集中力を高めるようにゴールに背を向けて目をつぶっていた
photo-news
チームは敗れたものの、5人目を止めた瞬間には、この日一番の歓声が上がっていた
photo-news
80分間の試合の中でも好セーブを連発した寺尾
photo-news
市立船橋高2人目が失敗した後の東福岡高3人目のキックの直前、雄叫びを上げて気合を入れると、固唾をのんで静まっていた観衆が一気に沸いた
photo-news
会場の雰囲気を自分のものにし、絶体絶命の状況での5人目のストップにつなげた
photo-news
進学する国士舘大でさらなる成長を誓う


TOP