beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]松山工の半世紀ぶり8強ならず…駒澤大が初のベスト8へ(10枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.3 全国高校選手権3回戦 松山工高1-2駒澤大高 駒沢]

 50年ぶりのベスト8入りを目指す松山工高(愛媛)と、史上初の8強進出に懸ける駒澤大高(東京B)が激突した第94回全国高校サッカー選手権3回戦は、地元の声援を受けた駒澤大が逆転勝利。5日に行われる準々決勝では東福岡高(福岡)と対戦する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
写真を見る
photo-news
「2回勝つのはまだまだ」(坂本監督)。松山工高(愛媛)は3回戦で涙を呑んだ
photo-news
GK野口龍也(2年)は後半の2失点に泣いた
photo-news
最終ラインを統率したDF筑波柊(3年)
photo-news
ボランチのMF越智楓岳(3年)は中盤のプレッシャーに苦しんだ
photo-news
DF有光駿汰郎(3年)の終了間際のミドルシュートもゴールならず
photo-news
駒澤大高(東京B)の左SBとしてフル出場したDF村上哲(2年)
photo-news
FW野本克啓(3年)は布陣変更に伴いFWからボランチに下がった
photo-news
ボランチで先発したMF春川龍哉(3年)は前半途中から右SBとしてプレー
photo-news
DF西田直也(1年)は1失点したが80分間奮闘した
photo-news
右サイドでアップダウンを繰り返したMF栗原信一郎(2年)


TOP