beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]“史上最弱”の評価返上へ…東福岡が17年ぶり4強入り:MF&FW編 (16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.5 全国高校選手権準々決勝 駒澤大高 0-1 東福岡高 駒沢]

 第94回全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝を行った。駒沢陸上競技場の第1試合では、駒澤大高(東京B)と東福岡高(福岡)が対戦し、1-0で東福岡が勝利した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
写真を見る
photo-news
ベスト4進出を懸けて、駒澤大高との一戦に臨んだ東福岡
photo-news
MF中村健人(3年)の正確なダイレクトパスから後半22分に先制点
photo-news
的確なポジショニングとピンポイントパスで貢献したMF鍬先祐弥(2年)
photo-news
切れ味鋭いドリブルで何度も相手陣内に切れ込んだMF高江麗央(2年)
photo-news
長い距離を走った後でも冷静なフェイントや的確なキックで相手を振り回した
photo-news
数的不利な状況でもMF藤川虎太朗(2年)は怯むことなくボールに食らいついた
photo-news
鍬先は広い視野で常に前線や両サイドの味方を的確に捉えていた
photo-news
巧みなボールコントロールとテクニックで会場を沸かせたMF三宅海斗(3年)
photo-news
追加点を狙い、ボールを前へ運ぶFW毎熊晟矢(3年)
photo-news
連戦の疲労も見える中、後半のピッチで躍動した
photo-news
2回戦の新潟明訓戦でハットトリックを達成するなど決定力のあるFW餅山大輝(3年)
photo-news
攻撃の潤滑油として中盤の様々な場面で顔を出した中村
photo-news
東福岡高の攻撃は中村を経由
photo-news
後半アディショナルタイムには最終ラインを抜け出し、シュートを放つなど最後まで存在感を見せた
photo-news
後半32分から途中出場したFW福田湧矢(1年)が前線でボールを散らす
photo-news
準決勝では大会連覇を狙う星稜と対戦する


TOP