beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]予期せぬ退場…今大会躍進の明徳義塾は前回王者を前に失速:MF&FW編(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.5 全国高校選手権準々決勝 星稜3-0明徳義塾 駒沢]

 第94回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が5日に行われた。駒沢陸上競技場の第2試合では連覇を目指す星稜高(石川)が明徳義塾高(高知)と対戦し、3-0で勝利した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
写真を見る
photo-news
1ボランチとして攻守の核となっているMF禹滉允(3年)
photo-news
チーム一丸で準決勝進出を目指した
photo-news
3回戦の各務原戦で先制点を挙げたMF三田村基俊(3年)
photo-news
豊富な運動量を生かし、左サイドで再三仕掛けたFW竹内優太(2年)
photo-news
広い視野でゲームを組み立てていく禹滉允
photo-news
激しい1対1でも当たり負けしない強さを持ち併せていた
photo-news
ピッチ全体を見渡し、味方に適切な指示を出していく
photo-news
星稜相手にも技術の高さを見せつけた
photo-news
三田村の2試合連続ゴールとはならなかった
photo-news
竹内が敵陣深くまで切れ込むも、相手のマークに阻まれシュートは打てなかった
photo-news
右サイドからパスやクロスを供給したMF佐々木敦河(2年)
photo-news
佐々木を警戒した相手が2人がかりで止めにかかる
photo-news
緩急をつけたドリブルでチャンスをうかがった
photo-news
高さを生かし、ハイボールでは強さを見せた
photo-news
MF岡崎郁矢(3年)はルーズボールにいち早く反応
photo-news
後半開始からピッチに入ったMF土家壮太(2年)
photo-news
数的不利な状況でもゴールへの強い気持ちを持ち続けた
photo-news
MF江口隆史(1年)は中盤でプレーしながらも守備に多くの時間を費やした
photo-news
FW大田陸(2年)が味方のボールを呼び込む
photo-news
限られた出場時間を最大限生かそうとしたFW廣井優輝(2年)


TOP