beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[女子選手権]藤枝順心が神村学園とのシーソーゲーム制し9年ぶり2度目の選手権V(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.10 全日本高等学校女子サッカー選手権 藤枝順心3-2神村学園 ノエスタ]

 全日本高等学校女子サッカー選手権の決勝が10日に行われ、藤枝順心高(静岡)が神村学園高(鹿児島)を3-2で下し、2006年の15回大会以来2度目の選手権優勝を果たした。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
写真を見る
photo-news
逆転で9大会ぶり2度目の優勝を飾った藤枝順心イレブンの笑顔が弾ける
photo-news
決勝で2ゴール1アシストと全得点に絡んだ藤枝順心FW肝付萌(3年)
photo-news
今大会6ゴールで得点王に輝いた藤枝順心FW児野楓香(3年)はU-17日本代表
photo-news
藤枝順心の長袖ユニフォームは袖が長め。MF福田ゆい(2年)はGK福田まい(2年)の双子の姉
photo-news
前半41分の逆転ゴールで喜び合う神村学園イレブン。一度は勝機をつかんだが…
photo-news
神村学園MF渡辺玲奈(3年)は決勝で2得点を記録。最後の選手権でブレイクした
photo-news
MF橋谷優谷(3年)は神村学園の“伝統の背番号”17を背負い、攻守の要であるとともにキャプテンも務めた
photo-news
失点直後に同点に追いつくアシストを決めた神村学園MF小川愛(2年)


TOP