beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[新人戦]3原則徹底し、全国狙う伝統校・習志野、井上と米田のゴールで勝利(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.30 千葉県高校新人大会Aブロック準決勝 習志野高 2-0 東海大望洋高 柏日体高G]

 平成27年度千葉県高校新人サッカー大会は30日、各ブロックの準決勝を行い、Aブロックの習志野高対東海大望洋高戦は右SB井上晃史郎(2年)と交代出場FW米田陽斗(2年)のゴールによって習志野が2-0で勝った。
写真を見る
photo-news
右サイドからドリブルで仕掛けるMF吉井祐太(2年)
photo-news
2度、3度と突破して決定機を生み出した
photo-news
長身FW丸山智史(2年)が攻撃の起点に
photo-news
「球際、運動量、切り替え」の3原則を徹底する習志野は前半終了間際、右SB井上晃史郎(2年)のヘディングシュートで先制
photo-news
チームメートに指示を出す井上
photo-news
スピードを活かした攻撃参加でクロスまで持ち込む
photo-news
最終ラインの柱、CB埴田裕己(2年)
photo-news
年末の横山杯でMVPに選出された実力派のCB
photo-news
安定感高いGK亀山浩太郎(2年)は完封勝利
photo-news
CB岸田英寿(2年)はゴール前で譲らず無失点に貢献
photo-news
ボランチ転向3か月ながら存在感放つMF松木玲生(2年)
photo-news
この日も推進力ある動きと運動量でチームの勝利に貢献した
photo-news
主将の左SB海田航佑(2年)はCKで先制点をアシスト
photo-news
献身的な動きでチームを引っ張る
photo-news
ゲームメーカーとしての役割を果たした1年生MF愛澤健太
photo-news
精度の高い長短のパスで攻撃を組み立てる
photo-news
鋭い動きでDFに圧力をかけたFW及川成弥(1年)
photo-news
交代出場のMF米田陽斗(2年)は貴重な追加点
photo-news
豪快な仕掛けから放つ一撃はインパクト十分
photo-news
後半、攻撃を活性化したFW加藤優弥(2年)
photo-news
幅広い動きで勝利に貢献したMF下田隼也(2年)
photo-news
交代出場のDF佐藤宇海(2年)がヘディングで競り勝つ
photo-news
終盤に投入されたDFムカラジ大樹(1年)は左サイドを突破するシーンも
photo-news
砂金伸監督は「結果に満足しないで、やることいっぱいあると思って日頃の積み上げができたら(昨年からの)経験もあるし、少し面白いチームになっていってくれたらいい」


TOP