beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

いわきFC始動!!全22選手コメント(22枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 将来的なJリーグ参入を目指し、福島県社会人2部リーグからスタートを切るいわきFCが9日、いわき市内で新入団選手発表会見を行った。
写真を見る
photo-news
GK大野将弥「苦しい時期もあると思うが、選手、スタッフ、地域の方々全員で一つになって、このいわき市を盛り上げていきたい」
photo-news
MF大阪郁馬「福島が好きになって、福島の復興・発展、このチームの成長のためにがんばっていきたい」
photo-news
DF高野次郎「自分は宮城出身で、3・11も経験した。自宅は全壊で、親戚が亡くなった友人もいた。個人としてもチームとしても結果を出していくことが復興につながると思っている」
photo-news
DF古山瑛翔「中学、高校とJFAアカデミー福島に所属し、6年間、福島でお世話になった。サッカー選手として、また福島に戻ってこられたことをうれしく思っている」
photo-news
MF菅原康介「たくさんの人の支えがあって、ここに立てている。感謝の気持ちを忘れずに、多くの人から応援される選手になっていきたい」
photo-news
DF小林勇斗「技術では劣っているかもしれないけど、気持ちの部分、戦う姿勢を見せていきたい」
photo-news
FW片山紳「チームでの目標はできるだけ早くJリーグの舞台に昇格すること。個人としては世界で活躍する選手になって、いつかヨーロッパでプレーしたい」
photo-news
MF新井伶治「高校3年間を福島で過ごして、大学を経てまた戻ってこれたことをうれしく思っている。スポーツを通じて福島の地が少しでも活性化されるように全力で取り組みたい」
photo-news
FW菊池将太「一度はサッカーをやめようかとも考えていたけど、素晴らしいチームに入ることができて、ここから新たなスタートを切っていきたい」
photo-news
MF下重優貴「高校までJFAアカデミー福島に所属し、またいつか福島でプレーしたいと思っていた。人の心を動かせるようなサッカーを見せていきたい」
photo-news
FW宮崎崚平「人生を変えるつもりで、自分のサッカー人生を懸けてこのチームに来た」
photo-news
DF磯部亮太「こうしてサッカーを続けられる環境を与えられたことに感謝している。立ち上げメンバーとなるが、いわき市のみなさんと一緒に成長していきたい」
photo-news
DF遠藤嶺「サッカーを通していわき市を盛り上げ、活性化させていきたい」
photo-news
DF鈴木飛翔「地元の湯本高校出身で、18年間、いわき市で過ごしてきたので、そのいわき市で少しでも勇気を与えられるような存在になっていきたい」
photo-news
DF中野一希「プロサッカー選手になること、そしていわき市からプロのチームができることが夢だった。感謝の気持ちを忘れずに、これからも取り組んでいきたい」
photo-news
MF大出圭亮「素晴らしい環境でサッカーができることに感謝し、少しでもチームの力になれるようにチャレンジしていきたい」
photo-news
FW井原楓人「自分の夢に向かって、そしていわきFCが復興のシンボルになるようにがんばっていきたい」
photo-news
MF山崎大成「海外でのプレー、教員生活。さまざまな経験をもとにチームを引っ張っていきたい。今度は自分が生徒たちに夢や希望を与える選手になっていきたい」
photo-news
GK久原洋平「たくさんの人に楽しいサッカーを見せられるように日々取り組み、福島県をもっともっと元気な場所にしていきたい」
photo-news
DF住石加寿己「『本当に18歳か』と思った人もいるかもしれないけど、現役高校生の若さを生かしていわきFC、いわき市を活気づけていきたい」
photo-news
FW吉田知樹「高校は茨城だったけど、地元のいわきを盛り上げていくためにがんばるので応援よろしくお願いします」
photo-news
FW向山風也「自分もいわき出身なので、いわき市から愛されるチームを一丸となってつくっていきたい」


TOP