beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[新人戦]全国8強の前橋育英、準決勝、決勝競り勝ち2年ぶりV(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.6 群馬県高校新人大会準決勝 前橋育英高 2-1 高崎高 群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場]

 平成27年度群馬県高校サッカー新人大会は6日に準決勝を行い、1月の全国高校選手権8強の前橋育英高と高崎高との一戦は、前橋育英が0-1で迎えた後半アディショナルタイムにFW人見大地(2年)とMF高沢颯(2年)が決めたゴールによって2-1で逆転勝ち。前橋育英は7日の決勝で桐生一高に勝利して2年ぶりの優勝を果たした。
写真を見る
photo-news
まずは1冠獲得。今年、名門はどのような戦いを見せるか
photo-news
左SB渡邊泰基(1年)は正確なクロスで同点ゴールをアシスト
photo-news
「冷静にプレー出来た」。持ち味の攻撃力を発揮して勝利に貢献
photo-news
守備の中心、CB浅賀祐太(2年)
photo-news
1年生ながら10番を背負ったMF田部井悠
photo-news
右SB長澤昂輝(2年)が右サイドから仕掛ける
photo-news
正確なフィードでも前橋育英の攻撃力を高めていた
photo-news
右サイドの突破を図るMF武内一輝(2年)
photo-news
選手権でも活躍したFW馬場拓哉(2年)
photo-news
前線でボールを収め、シュートも
photo-news
GK松本瞬(1年)は前半に失点も立て直して勝利に貢献
photo-news
ボランチで攻撃なパスを通し続けたMF塩澤隼人(1年)
photo-news
正確な左足キックと安定した守備を見せたCB角田涼太朗(1年)
photo-news
期待のストライカー、FW飯島陸(1年)
photo-news
絶妙な動き出しから決定機を生み出した
photo-news
交代出場のFW五十嵐理人(1年)
photo-news
MF八代廉也(1年)がクロスを放り込む
photo-news
指示を出す山田耕介監督
photo-news
チーム一丸となって成長を目指す
photo-news
来冬、悲願の選手権制覇を果たすか


TOP