beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[AFCフットサル選手権]ベンフィカの中心プレーヤー逸見勝利ラファエル、町田の闘将 滝田学

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.11 AFCフットサル選手権GS 日本 1-0 カタール タシュケント]

 AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016が10日に開幕した。日本代表は11日の初戦でカタール代表に1-0で勝利している。7番は、ポルトガルの名門ベンフィカで中心選手としてプレーするFP逸見勝利ラファエル。チーム最年少ながら、そのプレーは世界トップレベル。8番はこのチームにいる2人のキャプテンのうちの一人であるFP滝田学(ペスカドーラ町田)。高い守備能力で攻撃の芽を摘み、セットプレーからは好パスを供給する。
写真を見る
photo-news
チーム最年少、2度目のW杯出場を目指す
photo-news
前回大会はベンフィカに拘束され、アジア選手権に出られず
photo-news
2012年にはアジア最優秀選手に輝いている
photo-news
日本を一つ上のレベルに引き上げる存在だ
photo-news
ヒゲがトレードマークのキャプテン
photo-news
現在の代表では唯一の完全なフィクソタイプ
photo-news
セットプレーのキッカーとしても超一流
photo-news
この半年間は、代表で攻撃的なプレーも増えてきた


TOP