beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[総体]全国大会出場選手たちが開会式に出席、平和記念公園を訪問(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高校サッカー夏の日本一決定戦、平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(男子)の開会式が26日、広島市の広島国際会議場で開催された。出場55校の代表選手が出席。開会式後には平和記念公園内にある原爆死没者慰霊碑へ移動し、献花、黙祷を行った。

(写真協力=高校サッカー年鑑)
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016
写真を見る
photo-news
出場55校が参加して実施された開会式
photo-news
大会2連覇中の東福岡高から優勝旗が返還された
photo-news
開催地代表の広島皆実高DF有働周平主将が選手宣誓
photo-news
開会式後には原爆死没者慰霊碑へ移動し、広島、長崎代表校の主将たちが献花
photo-news
一斉に選手入場
photo-news
開会式後には選手や大会を支える高校生たちが平和記念公園内にある原爆死没者慰霊碑へ
photo-news
平和への誓い
photo-news
平和都市・広島でのインターハイ
photo-news
献花する田嶋幸三日本サッカー協会会長
photo-news
サッカーができることの幸せを感じた選手たち
photo-news
支えてくれる人々に感謝して全力プレーを
photo-news
仲間たちとともに全国で勝利を目指す


TOP