beaconbeacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「FIFAマスター」入学の元なでしこ大滝麻未をパリの街頭で撮影(4枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 昨年5月、25歳で現役を引退した元日本女子代表の大滝麻未(27)が新たな道に進もうとしている。この秋から国際サッカー連盟(FIFA)が運営するスポーツに関する大学院「FIFAマスター」に入学。プロ生活3年半という短い現役生活を終え、新たな挑戦に踏み出す大滝にパリで話を聞いた。
(取材・文 了戒美子 / 写真 佐野美樹)
写真を見る
photo-news
「“引退後にもこういう道があるよ”って少しでも知ってもらえたら」と話す大滝麻未
photo-news
25歳で現役を引退し、27歳の彼女が次に選んだ道はFIFAが運営するスポーツに関する大学院「FIFAマスター」
photo-news
指導者への興味はあまりなく、国際的な機関で仕事をしたいという希望が今回の決断と合致した
photo-news
女子選手のセカンドキャリアに新たな可能性を広げる挑戦となることが期待される


TOP