beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[新人戦]諦めずに戦い抜いた長崎総科大附が九州4強進出(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.12 九州新人大会準々決勝 長崎総合科学大附高 1-1(PK4-3))熊本国府高 佐賀市健康運動センター(ローン)]
 
 平成28年度 第38回九州高等学校(U-17)サッカー大会は12日午前に準々決勝を行い、前回3位の長崎総合科学大附高(長崎1)と熊本国府高(熊本1)との一戦は1-1で突入したPK戦の末、長崎総科大附が4-3で勝った。
写真を見る
photo-news
豊富な運動量が特長の左SB小川貴之(2年)
photo-news
右SB岩本蓮太(2年)のロングスローは対戦相手の脅威に
photo-news
PK戦1人目として登場して左足で決めたFW中村聖鷹(2年)
photo-news
スライディングでインターセプトするMF別府尊至(2年)
photo-news
DF諸石一砂(2年)が前線へボールを入れる
photo-news
DF嶋中春児(2年)は終盤前線で存在感
photo-news
ルーズボールを追うMF仲田瑠(1年)
photo-news
先発したDF柳谷拓実(2年)が20分で交代するなど、長崎総科大附は素早いベンチワーク
photo-news
前半途中からピッチに立ったFW武井佑介(2年)
photo-news
スペースでボールを受けるFW柏木澪弥(1年)
photo-news
同点ゴールを目指したFW西原先毅(2年)
photo-news
別府はPK戦で3人目に登場して成功
photo-news
迫力ある動きでゴールへ迫る嶋中
photo-news
スプリント力と精度を発揮した小川
photo-news
右サイドから仕掛ける中村
photo-news
諦めずに戦い抜いた長崎総科大附が準決勝進出


TOP