beaconbeacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

なでしこ、6位終戦…数的優位いかせず終了間際に痛恨のV被弾(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.8 アルガルベ杯5位決定戦 日本女子2-3オランダ女子]

 アルガルベ杯は8日、順位決定戦を行い、日本女子代表(なでしこジャパン)はオランダ女子代表と5位決定戦で激突。2-3で敗れ、6位で大会を終えた。

●アルガルベ杯2017特集ページ
写真を見る
photo-news
なでしこは、終了間際の失点により2-3で敗れ、6位で大会を終えた
photo-news
2点リードされた前半19分、FW横山久美の鋭いミドルが突き刺さり、点差を縮めた
photo-news
先発出場したMF長谷川唯のパスが得点の起点になった
photo-news
PKかと思われた後半アディショナルタイム3分、一瞬の隙を突かれ、決勝弾を決められた
photo-news
なでしこは前半13分、左CKのこぼれ球をMFデッカーに決められ先制された
photo-news
横山が前線からプレスをかけ、少しずつなでしこに流れを呼び寄せる
photo-news
FW田中美南は得点にはならずとも、何度もシュートチャンスをつくった
photo-news
右サイドハーフで出場したMF中島依美は競り合いにも負けず、ドリブルで局面を打開
photo-news
安定したパス精度で攻撃を組み立てたDF川村優理
photo-news
後半18分、DFファン・デン・ベルグがこの日2枚目のイエローカードを受け、なでしこは数的優位に
photo-news
MF籾木結花(左)とDF鮫島彩が左サイドで守備に奮闘
photo-news
攻守の要として、中盤で存在感を発揮したMF阪口夢穂
photo-news
後半から出場したMF佐々木繭は26分、右サイド突破からクロスを上げた
photo-news
後半32分、左サイドの籾木が放ったクロスがオウンゴールを誘発し、2-2の同点に追いついた
photo-news
終了間際の失点で敗れ、高倉麻子監督は「勝負どころの甘さがある」と成長を求めた
photo-news
今大会チーム最多の4得点を決めた横山は、大きな収穫のひとつとなった


TOP