beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

日本高校選抜は欧州遠征最終日に観光後、帰国の途に(15枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ
写真を見る
photo-news
日本高校選抜は5位で全日程を終えた
photo-news
黒田剛監督が地元メディアからインタビューを受けた
photo-news
現地時間18日に宿舎を出発
photo-news
ケルン市内で観光も
photo-news
ピッチ外の部分で評価高かった日本高校選抜。毎朝散歩に
photo-news
雨の日は宿舎の玄関先でストレッチ
photo-news
招待を受けて食事会にも出席
photo-news
多くの人達に支えられての数日間
photo-news
帰国時にはスーツでピシッと
photo-news
関係者達に挨拶
photo-news
世界遺産のケルン大聖堂
photo-news
その前で記念撮影も
photo-news
GK山ノ井拓己(静岡学園高→福岡、左)とDF常盤悠(尚志高→新潟医療福祉大)
photo-news
左からMF金子大毅(市立船橋高→神奈川大)、DF杉山弾斗(市立船橋高3年)、DF佐藤瑶大(駒澤大高→明治大)、FW安藤瑞季(長崎総科大附高3年)、FW伊藤龍生(米子北高→鹿屋体育大)
photo-news
下級生たちは来年、この大会で優勝することを誓っていた


TOP