beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

決勝で敗れるも、栃木高の中盤で存在感放ったMF大内(4枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017
写真を見る
photo-news
MF大内拓真(3年)は存在感ある動きを見せた
photo-news
鋭いドリブルで中央突破。危険な存在となっていた
photo-news
前半はボランチ、後半は左サイドに移ってチャンスメーク
photo-news
3年生にとっては“ラストゲーム”。健闘したチームの中でも活躍が光った


TOP