beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

後半猛攻も勝ち点3奪えず。U-17日本代表はクロアチアとドロー(15枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.15 国際ユースin新潟第1戦 U-17日本代表 1-1 U-17クロアチア代表 五十公野陸上競技場]

 10月開幕のU-17W杯(インド)に出場するU-17日本代表が、U-17クロアチア代表、U-17メキシコ代表、U-17新潟県選抜と総当りのリーグ戦で優勝を争う第21回国際ユースサッカーin新潟が15日、開幕。U-17日本代表はU-17クロアチア代表と初戦を戦い、1-1で引き分けた。
写真を見る
photo-news
U-17日本代表の先発イレブン
photo-news
16日のメキシコ戦に備え、主軸数人がベンチスタートに
photo-news
攻撃の中心、FW中村敬斗(三菱養和SCユース)はDFをかわして決定的なシュートも
photo-news
右SB池高暢希(浦和ユース)がスライディングタックルでボールを奪う
photo-news
ボランチの位置から飛び出すMF岩本翔(G大阪ユース)
photo-news
左SB橋本柊哉(市立船橋高)がくさびのパスを入れる
photo-news
右サイドから中央へ切れ込むMF桝谷岳良(川崎F U-18)
photo-news
自慢のヘッドも見せたCB関川郁万(流通経済大柏高)
photo-news
前半だけの出場となった中村だが、攻撃の牽引役に
photo-news
右サイドで再三フリーになっていたSB池高がクロス
photo-news
橋本は持ち味の推進力を発揮するか
photo-news
桝谷は試合が進むに連れて持ち味も
photo-news
関川はピンチで身体を張った守り
photo-news
ボールに良く絡んでいた岩本
photo-news
森山佳郎監督は「後半は仕留めないと行けない場面がたくさんあった」。後半猛攻も2点目が奪えず、引き分けた


TOP