beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

戦う姿勢と献身性、自主性表現した流経大柏が2年連続決勝進出!(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.3 総体準決勝 流通経済大柏高 1-0 前橋育英高 ひとめぼれスタジアム宮城]

 夏の高校日本一を争う平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)は3日、準決勝を行った。ともに優勝経験を持つ流通経済大柏高(千葉1)と前橋育英高(群馬)との名門対決はU-17日本代表CB関川郁万(2年)の決勝ヘッドによって流経大柏が1-0で勝利。2年連続の決勝進出を決めた流経大柏は08年以来となる優勝を懸けて、4日の決勝で日大藤沢高(神奈川2)と戦う。

(写真協力=高校サッカー年鑑)
●【特設】高校総体2017
写真を見る
photo-news
献身性と戦う姿勢、自主性の高さをピッチで表現した流経大柏イレブン
photo-news
三本木達哉(3年)はマンマークを完遂
photo-news
右SB加藤蓮(3年)は攻守で力強いプレー
photo-news
左サイドでチャンスに絡んだMF時岡寛拓(3年)
photo-news
CB瀬戸山俊(3年)は献身的な守り
photo-news
FW後藤大輝(3年)は抜け出しからゴールを目指した
photo-news
迫力ある仕掛けを見せるMF近藤潤(3年)
photo-news
準々決勝のヒーロー、MF熊澤和希(2年)
photo-news
FW安城和哉(3年)がクロスを狙う
photo-news
DF石川貴登(3年)は1点リードを守りきった
photo-news
本田裕一郎監督も戦いぶりを評価
photo-news
9年ぶりの優勝まであと1勝
photo-news
前線でボールを収めるFW後藤
photo-news
瀬戸口が体を張ってボール奪取
photo-news
チームを集中させる三本木
photo-news
加藤はマンマーク守備でも貢献
photo-news
左足でパスを繋ぐ時岡
photo-news
近藤が仕掛けを見せる
photo-news
最後まで諦めずに1点を守った
photo-news
プリンスリーグ関東での0-3敗戦の雪辱に成功。決勝でも必ず勝つ


TOP