TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]流通経済大柏MF藤井海和「自分がメンバーに入って成長することが一番大事」

流通経済大柏高の1年生ボランチ、MF藤井海和は高校選抜入りを果たすか

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜選考合宿が24日から静岡県内で行われている。最終的に18名が日本高校選抜として4月に欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 流通経済大柏高(千葉)の1年生ボランチ、MF藤井海和は選手権でセカンドボールの回収やボール奪取といった守備能力の高さに加え、正確なパスなどでも同校の選手権準優勝に貢献。高校選抜候補合宿でも物怖じせずに自分のできることの多さを示して評価を高めている印象だ。その藤井が選手権についてや高校選抜、19年の意気込みについて語った。

―選手権を振り返って。
「選手権は会場の雰囲気とか今まで経験した試合とは全然違って、自分にとって成長できるいい大会になりましたし、自分のプレーの幅とか広がった大会だなと思います」

―評価されて高校選抜候補入り。
「正直びっくりはしているんですけれども嬉しいし、自分の自信にもなって、この中でプレーできることを本当に嬉しく思っています」

―1年生でもやれることを示さないといけない。
「レベルが高いし、全然自分よりも上手い人がたくさんいる。その中で自分のボール獲りのところなどを出せればメンバー入りもあるのかなと思っています」

―外国人相手に試したい部分は?
「ボール獲りだったり、フィジカルのところだったり、そういうところの差とか自分の通用するところと自分が通用しないところの差を試したい」

―合宿で意識する選手はいる?
「天笠(泰輝)選手のプレーは見ているところだったり、パスの強弱だったり、本当に上手いと思うので、良いところを盗めるように、盗んで帰って練習できるようにしていきたい」

―同じ1年生の須藤(直輝)選手とよく会話していたが。
「お互い1年ですし、良い刺激というか良いチームメートになっていければいい」

―欧州遠征メンバー入りへの意気込みを。
「ここでメンバー入りすることで自分でもプラスになるし、帰ってチームにとってもプラスになると思う。より3冠とか日本一が自分たちに近づいてくると思うので、自分がメンバーに入って成長することが一番大事だなと思っています」

―19年シーズンはどのような1年に。
「まずは3冠を目標にしているので、そこを狙っていきたい。特に選手権が今年準優勝だったので、3度目の正直というか、さすがに次は優勝して自分にとっても、チームにとってもいい一年になればいいと思っています」

(取材・文 吉田太郎)

●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ