TOP > NEWS > 記事詳細

古巣下してタイトル獲得…MF西大伍「いろいろな経験をさせてもらった」

[1.1 天皇杯決勝 神戸2-0鹿島 国立]

 対戦相手は昨季まで在籍した常勝・鹿島だった。クラブに初タイトルをもたらしたヴィッセル神戸MF西大伍は古巣に感謝を示しつつ、喜びを噛み締めていた。

「フォーメーションだったりを考えると、こちらが主導権を握る展開になると思っていた」。その言葉どおり、序盤からリズムをつかんだ神戸は前半18分にオウンゴールで先制。さらに同38分には右サイドでボールを受けた西がゴール前に弾道の低いクロスを供給すると、DF犬飼智也に触れたボールをFW藤本憲明が押し込んでチーム2点目が生まれた。

「クリアされてもおかしくないクロスだった」と苦笑しつつ、「うまく僕の前が空いていた。あまり右にボールが来なかったので、来たらチャンスにしたいと思っていた」との思いを実行して、ゴールを導いた。

 後半途中に鹿島がシステム変更すると、その後は押し込まれる展開となったが、粘り強い守備でしのぎ切って2-0の完封勝利。クラブ初タイトルを獲得した。「ピッチに立っている選手でいうと、神戸の方がタイトルを取ってきた選手はもしかしたら多いかもしれなかったので、落ち着いてやれたというのは、どっちかというとこっちだったのかなと思う」。

 昨季まで在籍した鹿島には、「僕がこういう舞台でプレーできているのは鹿島でいろいろな経験をさせてもらったおかげ」と感謝を示しつつ、常勝と言われる古巣を下しての初タイトルに「良かった」と喜びを表した。

(取材・文 折戸岳彦)

●第99回天皇杯特設ページ