beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

幕を開けた"死の組"、オランダ痛恨の黒星発進、デンマークが金星

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.9 EURO2012・B組GL第1節 オランダ0-1デンマーク ハリコフ]

 EURO2012(欧州選手権)のB組グループリーグ第1節が9日に行われた。優勝候補がひしめく"死の組"の第1戦はデンマークがオランダに1-0で勝利した。前半24分にMFクロン・デリが先制点を奪うと、このゴールを死守してみせた。大会屈指の攻撃陣を誇るオランダを無得点に抑えての完封勝利。白星発進に成功した。

 ともにシステムは4-2-3-1を採用。オランダは1トップにプレミアリーグ得点王のFWファン・ペルシーを起用し、ブンデスリーガ得点王のFWフンテラールはベンチスタートとなった。故障のDFマタイセンに代わり、CBはフラールが務め、DFピータース不在の左SBでは今試合が国際Aマッチ3試合目となる18歳DFビレムスが先発した。
 対するデンマークは予選6試合で先発したGKトーマス・ソーレンセンが大会直前で離脱。初戦には予選で出場のなかったGKアンデルセンを起用した。

 序盤からオランダが押し込む。前半3分にはビレムスがPA手前から豪快にロングシュート。これはクロスバー上へ外れる。同5分には左クロスを受けたファン・ペルシーがPA右ゴールライン際で頭で落とす。これを拾ったFWアフェライがダイレクトでシュートを狙うが枠を外れた。同7分には左サイドからチャンスメイク。MFスナイデルのパスに抜け出したMFロッベンが左クロス。DFのクリアを拾ったファン・ペルシーがシュートを打つが、クロスバー上へ流れた。

 前半18分にはカウンターから決定機を迎える。スナイデルからのパスを受けたファン・ペルシーが右サイドで身体を張って粘る。リターンを受けたスナイデルがドリブル突破から中央へ折り返すもDFがスライディングでクリア。このボールをGKアンデルセンがキャッチしたため、オランダ側はバックパスを強調したが認められなかった。0-0のまま時間は進む。

 対するデンマークはなかなかシュートまで持ち込めず。立ち上がりにはPA手前左の位置でFKを獲得。MFエリクセンが直接狙うも枠を外れる。前半17分にはようやく右サイドからチャンスを演出。ドリブルで仕掛けたFWロンメダールが折り返すもGKに阻まれた。その後は防戦一方の展開となった。

 それでも耐え忍んで迎えた前半24分、一瞬の隙を突くとゴールが生まれる。左サイドから仕掛けたDFシモン・ポウルセンの左クロスはDFにクリアされる。しかしこぼれがPA手前でフリーのMFクロン・デリの足元へ。PA左からドリブル突破を仕掛け、DFを鮮やかにかわすとGKステケレンブルフの股間を抜く左足シュートを逆サイドネットに流し込んだ。デンマークが先制した。

 早い時間に追いつきたいオランダは前半36分、GKアンデルセンのパスミスをかっさらったロッベンがゴール正面からドリブルで持ち込み、PA内から左足シュートを放つ。しかし、無情にもポスト左を叩いた。1点が奪えないまま、0-1で前半を折り返した。

 互いにメンバー交代はなく、後半はスタート。1点を追うオランダがデンマークゴールに襲い掛かった。開始3分にはロッベンがシュートを放つが枠外。同6分にはDFと競り合いながらもスナイデルが必死にスルーパス。抜け出したMFファン・ボメルがシュートを打つがGKに止められた。直後にはアフェライが放ったシュートもわずかにポスト左へ逸れた。必死に攻め込むがシュートは枠に飛ばず。得点は生まれない。

 後半26分にはオランダが最初の交代カードを切る。アフェライとMFデ・ヨングに代わり、フンテラールとMFファン・デル・ファールトを投入した。これに伴い、1トップをフンテラールが務め、トップ下にはファン・ペルシー。スナイデルが左サイドに入った。これに応じるように後半29分にデンマークも選手交代。エリクセンに代えて、MFシェネをピッチへ送った。

 直後の後半29分にはオランダがビックチャンスを迎える。スナイデルが前線へ絶妙な浮き球パス。PA左へ抜け出したフンテラールがGKとの1対1からシュートを放つがGKアンデルセンがビックセーブ。こぼれを拾ったファン・ペルシーのシュートも守護神に阻まれた。この日のオランダは1点が遠い。後半40分にはDFファン・デル・ビールに代わり、FWカイトを投入。カイトが左SBに入り、高い位置を取る。

 後半終了間際の44分には、フンテラールが後方からのパスをPA左で受ける。ブロックにきたDFヤコブセンの手に当たったかと思われたがノーホイッスル。オランダはゴールを奪えず、そのまま試合は終了。ロッベンらオランダの選手がピッチに倒れ込むなか、デンマークの選手は歓喜。デンマークが1-0でオランダを下し、勝ち点3を手に入れた。


▼関連リンク
EURO2012特集ページ

TOP