beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[EURO]C・ロナウドは不発も、ポルトガルがデンマークに競り勝ち、今大会初勝利!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.13 EURO2012 GL・B組第2節 デンマーク2-3ポルトガル リビウ]

 EURO2012(欧州選手権)は13日、大会6日目を迎えた。B組の第2節が行われ、デンマーク対ポルトガルの一戦は3-2でポルトガルが競り勝ち、今大会初勝利を手にした。B組のグループリーグ最終節は17日に行われ、デンマークはドイツと、ポルトガルはオランダと対戦する。

 両チームとも9日に行われた第1戦と同じ先発メンバーとなった。

 第1戦で優勝候補オランダを1-0で下し、予選突破へ向け好スタートを切ったデンマークだっが、いきなりアクシデントに襲われる。前半15分、ボランチで先発出場していたMFニキ・ジムリングが左足を痛めピッチに倒れ込む。自ら×サインを出して交代を要求。MFヤコブ・ポウルセンが代わってピッチに入り、デンマークは交代枠1つを使うことを余儀なくされた。

 すると前半24分、セットプレーからポルトガルに先制点が生まれる。左サイドからのCKをMFジョアン・モウティーニョが蹴りいれると、ニアに走り込んだペペが打点の高いヘディングで流し込んだ。さらに前半36分、右サイドにこぼれたボールをつなぐと、MFナニがゴール前にグラウンダーで早いボールを入れる。するとこれもニアに走り込んだFWエルデル・ポスティガが右足で流し込み、後のないポルトガルがあっさり2点のリードを奪ってみせた。

 これ以上離されることの出来ないデンマークも、前半終了間際に反撃に出る。41分、右サイドからヤコブ・ポウルセンがアーリークロスをゴール前に入れる。ファーサイドに走り込んだFWミカエル・クロン・デリが頭で中に折り返すと、フリーのFWニクラス・ベントナーにボールが渡る。ベントナーは落ち着いて無人のゴールに頭で押し込み、デンマークは前半のうちに1点を返すことに成功した。

 後半開始早々いきなりのチャンスはポルトガル。FWクリスティアーノ・ロナウドがドリブルでゴール前まで持ち上がると、GKと1対1の状況を作り出す。だがシュートはGKステファン・アンデルセンに防がれ、エースは今大会まだ得点することが出来ない。

 デンマークは2枚目の交代カードもアクシデントで使う。後半15分、今度は前線のデニス・ロンメダールがプレーとは関係ないところで足を痛めピッチを去る。代わってFWトビアス・ミケルセンが投入された。

 後半33分、C・ロナウドに最大にチャンスが生まれる。ナニからのスルーパスに反応したロナウドがGKと完全に1対1になる。だが、狙い澄ましたシュートは右に外れてしまった。ピンチの後にはチャンスあり。デンマークは後半35分、右サイドからのクロスをベントナーが頭で叩き込み、試合を振り出しに戻すことに成功した。

 だが後半42分、左サイドからのクロスを途中出場のFWシルベストレ・バレラが一旦振り抜いた左足は空振りに終わるが、振り向きざまの右足で豪快に蹴り込み、ポルトガルが勝ち越しに成功。ポルトガルが3-2でデンマークに勝利し、今大会初勝利を手にした。
 

▼関連リンク
EURO2012特集ページ

TOP