beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

後輩・宮市とロンドン行きを目指す大岩「可能性が1%でもある限り」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.17 J2第20節 東京V2-1千葉 味スタ]

 悔しさも倍増だった。ロンドン五輪予備登録メンバー35人に選ばれたジェフユナイテッド千葉のDF大岩一貴は右SBでフル出場もチームは1-2の敗戦で、首位から陥落。U-23日本代表の関塚隆監督が視察する前で個人的にも納得いくプレーは見せられなかった。

「アピールはできてない。もっとできた部分もあるし、もっとやっていかないと(五輪メンバーに)残っていけない」。前半はなかなか攻撃参加のタイミングをつかめず、後半には何度かオーバーラップを見せたが、クロスの精度を欠いた。「ポゼッションのところでミスがあったし、クロスの質も低くて、攻守に主導権を握られて自分のプレーができなかった」と唇をかんだ。

 DF酒井宏樹(柏)が不在だった5月のトゥーロン国際大会では2試合に先発するなど全3試合に出場。CBもこなすユーティリティー性を武器に五輪最終登録メンバー18人入りを目指す大岩にとって、14日に発表された予備登録メンバーには驚きもあった。オーバーエイジ枠で予備登録に入ったDF徳永悠平(F東京)は大岩と同じようにSB、CBをこなす守備のスペシャリスト。新たな“ライバル”の出現は、大岩の危機感を募らせている。

「徳永選手が(予備登録メンバーに)入って厳しい状況だけど、可能性が1%でもある限り、アピールしていきたい。課題もあるけど、守備の激しさとか、いいところを出して、それにプラスしてクロスとか点に絡む部分の質を上げていきたい」

 愛知県出身の大岩は中京大中京から中央大をへて今季、千葉に入団。高校の3学年後輩にはFW宮市亮がいる。「予備登録には高校の後輩の宮市も入った。五輪で宮市と一緒にプレーできるようにがんばりたい」。7月2日の最終メンバー発表まで残り2試合。24日の湘南戦、7月1日の熊本戦で自分の持てる力をすべて出し切り、運命の瞬間を待つ。

(取材・文 西山紘平)

TOP