beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日韓戦後に政治的メッセージ、韓国のパク・チョンウは表彰式に出席せず

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日のロンドン五輪3位決定戦でU-23日本代表を下したU-23韓国代表のMFパク・チョンウが試合後に竹島(韓国名・独島)の領有を主張するメッセージを掲げた問題で、11日にロンドンのウェンブリースタジアムで行われた決勝後の表彰式にパク・チョンウは出席せず、銅メダルに輝いた韓国チームのみ17人での参加となった。

 セレモニーでは場内に選手一人ひとりの名前が背番号順に読み上げられ、壇上で一人ずつメダルを授与されるが、ここでもパク・チョンウの名前は呼ばれなかった。

 パク・チョンウは初の銅メダルを獲得した日本戦後、「独島は我々の領土」と書かれた紙を掲げたとして、国際オリンピック委員会(IOC)が調査を開始。韓国オリンピック委員会に説明を求めるとともに、当該選手を表彰式に参加させないよう要請していた。五輪憲章はスタジアムなどでの政治的行為や活動を禁じている。

(取材・文 西山紘平)
▼関連リンク
ロンドン五輪特集ページ

TOP