beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国サッカー協会から謝罪文が届く

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドン五輪での3位決定戦で、U-23日本代表はU-23韓国代表に0-2で敗れた。この試合後に、MFパク・チョンウが『独島(竹島)は韓国のもの』と書かれた弾幕を掲げ、問題となっている。

 その後、韓国サッカー協会は「意図的ではなかった」と声明を発表していたが、13日には日本サッカー協会に謝罪文が送られてきたという。14日付の新聞各紙は、日本サッカー協会の大仁邦弥会長の「韓国協会から会長名で、今日の日付で届きました。五輪の場であのようなことを行ったことは申し訳なかった。2度と、このようなことがないよう徹底したいという手紙をいただいた」というコメントを掲載している。

 今後の対応だが、日本サッカー協会が特別に動く予定はなく、IOC(国際オリンピック委員会)やFIFA(国際サッカー連盟)に対応を任せている。政治的なメッセージを掲げたパク・チョンウは、銅メダルをはく奪される可能性があり、兵役免除の資格を取り消される可能性も出てきているという。



TOP