beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮へ“古巣復帰”のDF今井、FWからの転向がターニングポイントに

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大宮ユース出身のDF今井智基(4年=大宮ユース)は中央大での4年間を経て、大宮アルディージャ入りを果たした。“古巣復帰”については「自分のなかでは一番に大宮に戻りたい気持ちが強かった。オファーを頂いたときは本当にうれしかったし、(ユースで)3年間お世話になった恩返しがしたかったので」とその思いを語る。

 近年、大卒のJリーガーは増えているが、高校時代に所属していたクラブへ戻る例は多くはない。今井の場合も大学入学当時は「漠然と卒業後はプロでできたらいいなぁ」と感じていたくらいだったという。ましてや入学後はBチームでプレーしていたこともあり、プロの世界は遠い場所だった。しかし、FWからSBへのコンバートが今井の状況を大きく変えた。

 入学当時はFWとしてプレーしていたが、2年生時にはサイドハーフ、そして3年生の初めにSBへポジションを変更。これによりプロへの道が開くことになった。SBとして爆発的なスピードとパワーを武器に、中央大で活躍をみせると、3年生の冬には、これまで縁のなかった関東選抜Aに選出。そこでの活躍が認められ、今年の3月には全日本大学選抜にも選ばれた。そして、それから4か月後には大宮入りが内定。瞬く間にプロへの階段を上りきった。

 J入りを勝ち取ることができた理由について、今井は「努力だと思います」と言い切ると「Bチームにいても腐らずに練習してきた成果がここにつながった」と振り返った。ポジション変更後こそは「ポジショニングもわからずに最初は戸惑いもあった」というが、「やっているうちに自分に適している。変えて良かったなと本当に思います」というように前向きな姿勢で取り組んだ結果、SBという場所を自分のものにし、J入りを勝ち取った。

 今井の古巣への思いは強い。「練習参加したときにサポーターの人が覚えてくれていて。プロじゃないのに覚えていてくれたんだと。大宮のそういうところに惹かれました」と笑顔で話すと、「毎年残留争いをしているので、そこで自分が戦力となることで恩返しにつながれば。攻撃が好きなので、高い位置でボールをもらったときの迫力や姿勢はDFとしても見て欲しい」と意気込んだ。

 入団後はロンドン五輪を戦ったU-23日本代表のMF東慶悟とのプレーを心待ちにしている。練習参加時は東が不在だったため、まだ面識はないが「歳も同じですし、東選手は右のワイドをやっていて、自分は右SBなのでコンビを組めれば」と言う。「即戦力として試合に出て、ひとつでも多くの勝ち星を取るのに貢献できれば」。“メロ”の愛称で中央大や各選抜のチームメイトから慕われてきた今井。持ち前のFW仕込みの突破力を武器にJの舞台での活躍を誓った。

(取材・文 片岡涼)

TOP