beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

乾がフランフルト空港の税関で取り調べ受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランクフルトに所属するMF乾貴士がフランクフルト空港に到着した際、税関で取り調べを受け、腕時計を差し押さえられたことが分かった。ドイツ・ビルト紙が報じている。

 日本での冬期休暇を終え、3日午後3時にフランクフルト空港に到着した乾は、ターミナル1の税関で申告すべきものがあるかを聞かれ、「ない」と答えた。ところが、税関職員は乾が腕にしていた時計を指摘。最低でも3000ユーロ(約34万円)と見られるブライトリングの腕時計だったが、430ユーロ(約5万円)以上で新たに購入したものに関しては税金を支払う必要があり、取り調べを受けることになったのだという。

 乾の通訳を務める西村氏はビルト紙に対し、「時計は2年以上前に家族からプレゼントされたもの。フランクフルトで税金を支払わなくてはならないのかどうかなんて分かるはずもないし、通訳を呼ぶこともできずに1時間も足止めされた」と説明している。同紙によると、足止めをくらった乾は税関で「ファック!」と怒鳴っていたという。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2012-13特集

TOP