beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシ19戦連発!!リーガの全19チームから連続ゴールの快挙達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

 リーガ・エスパニョーラは30日、第29節を行い、首位バルセロナは敵地でセルタと対戦し、2-2で引き分けた。FWリオネル・メッシは後半28分に19試合連続ゴールを記録。リーガの全19チームから連続してゴールを奪う史上初の快挙を達成した。

 先制したのはホームのセルタ。速攻から前半38分にMFインサがゴールネットを揺らし、リードを奪った。バルセロナは同42分、メッシが直接FKを狙うが、GKが好セーブ。それでも直後の43分、メッシの浮き球のスルーパスに抜け出したFWテージョがGKとの1対1から落ち着いてゴールに流し込み、同点に追いついた。

 セルタは今季のリーガ・エスパニョーラで唯一、メッシにゴールを許していないチームだった。昨年11月3日のホームゲームでバルセロナはセルタを3-1で下したが、メッシは無得点に終わっていた。その後は昨年11月11日のマジョルカ戦(4-2)での2得点を皮切りに、前節までに18試合連続ゴール。1937年から1938年にかけて16試合連続ゴールを決めた元ポーランド代表FWのテオドル・ペトレクが持っていた世界記録も75年ぶりに塗り替えた。

 すべての相手から連続してゴールを奪ってリーグ戦を半周する快挙なるか。世界中が注目した一戦で、その偉業をいとも簡単にやってのけた。後半28分、メッシのスルーパスからPA内左に抜け出したテージョがマイナスに折り返すと、ゴール前に走り込んだメッシが左足でゴール右隅に流し込んだ。

 2-1と逆転に成功する勝ち越しゴールが19戦連発弾。リーガの全19チームから連続でゴールを奪う歴史的記録が誕生した。メッシはこれで今季リーグ戦43得点目。昨季自ら樹立した欧州記録のシーズン50得点まで、あと9試合で7点まで迫った。

 試合は後半43分にMFオウビーニャのゴールでセルタが同点に追いつき、2-2の引き分けに終わった。バルセロナの連勝は2でストップ。3連敗中だった19位セルタは貴重な勝ち点1を獲得している。


▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2012-13特集

TOP