beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「自分が成長できるところへ」の進路も注目の筑波大MF谷口主将、「焦れずに粘り強く」巻き返す

このエントリーをはてなブックマークに追加

 筑波大の全日本大学選抜MF谷口彰悟主将(4年=大津高)が巻き返しを誓った。今年の筑波大は鹿島アントラーズ入りを決めたFW赤崎秀平や磐田入り内定のMF上村岬、そして谷口や10番MF玉城峻吾ら注目世代が最上級生となった。だが、関東大学リーグ1部の開幕3試合を終えて、1分2敗。ポゼッションで上回るなど高いレベルの内容は見せているものの、なかなか敵陣の高い位置で自分たちの崩しができないなど結果に結びついていない。

 主将として大学ラストイヤーに臨む谷口は「もどかしいですね。チームの状態はそんなに悪いとは思っていないし、でもその中で結果が出ないのでもどかしい気持ちが出てきたりしている。みんなでできたことや、できなかったことをしっかりと整理して、ここでバラバラにならずに意思統一してやって行きたいと思います。周りからの期待の大きさも感じているし、自分たちも絶対にできると思っている。まだそれが結果につながってきていないですけれど、一個勝ちが出たり、いいイメージが出たりすれば波に乗っていけると思うので、そこは焦れずに粘り強くしていきたいと思います」と誓った。

 谷口はまだ赤崎や上村のように進路を決めていないが、川崎フロンターレと清水エスパルスに練習参加するなど、Jクラブが争奪戦を繰り広げる逸材だ。182cmの長身に加えて足下の技術が高く、中盤の底の位置から次々とショートパスを通していく。そして本人も自信を持っている守備面については、長身とタイミングのいい跳躍でボールを弾き返し、球際でも非常に厳しいチェックで相手からボールをもぎ取っている。

 加えて、今年は攻撃面での迫力が増した。

「点取りたいので(微笑)。守備の面ではある程度できるじゃないですけど、(選手として)もう一個上のレベルに行きたいと思った時にもっと攻撃もしっかりとできる選手になれた方がいいと思う。そこは守備だけにならず、攻撃の時も積極的に飛び出していきたい。(そしてポゼッションでも)なるべく高い位置で受けようと考えています。相手の嫌なところ、嫌なところで受けて、前を向いて取られないということをしていけば相手にとっても怖いと思うので、もっともっとやっていければいい」。昨年までと比べると、PAへ飛び込んで行く回数が増え、強引にDFの前に入り込んで決定的な仕事をするなど、攻守ともに凄みのあるプレーを披露している。

「あまり焦っていないですね。じっくり決めていきたい。自分が行って、成長できるところ。そこが一番大きいと思います」という進路も注目だが、主将として臨むシーズンの優勝は絶対の目標。スタートは出遅れたが、必ず巻き返して勝ち点を重ねていく。「リーグ戦は出だしがちょっと悪いですけど、リーグ戦優勝を目指してやってきたので、そこはブレずに目標を持ち続けて、(全日本大学選抜として出場する)ユニバでも前回大会は世界で優勝しているので2連覇目指してやっていきたい。タイトルを取りたいですね」とタイトル獲得を誓った。

 下級生時から名門の主力を担ってきた“筑波の貴公子”。「常に冷静に判断してプレーするというところはボクの持ち味だと思っているので、そこは見てもらいたいですね」。より多くのサッカーファンに自身のプレーを見てもらうためにも、結果を求めていく。

(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
第87回関東大学リーグ特集ページ

TOP