beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

強心臓本田、PKをど真ん中に決めた!!「真ん中に蹴って取られたらしゃーない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.4 W杯アジア最終予選 日本1-1オーストラリア 埼玉]

 日本が5大会連続のW杯出場権を獲得!! 4日に行われたW杯最終予選で日本代表はホームでオーストラリア代表と1-1で引き分け、5大会連続のW杯出場権を獲得した。

 エースの左足が土壇場でチームを救った。1点ビハインドで迎えた後半ロスタイム。土壇場で転がり込んだPKをMF本田圭佑がど真ん中に蹴り込み、日本を5大会連続のW杯出場へと導いた。

 PKのシーンについては「みなさんがかなりプレッシャーをかけてくれたので」と笑わせた本田だが、「緊張していたけど、真ん中に蹴って取られたらしゃーないと思いながら蹴りました」とさすがの強心臓ぶりだ。

 国内で初のW杯出場権獲得というノルマは達成した。この後は強豪との対戦が続くコンフェデレーションズ杯が待ち構えている。「みなさんは期待していないかも知れませんが、僕は優勝するつもりでいるので、また応援してもらえるように頑張ります」と高らかに優勝宣言をした。


▼関連リンク
ブラジルW杯アジア最終予選特集



TOP